北 センチネル。 北センチネル島先住民と半世紀前に接触、悔やむ人類学者

この島にはセンチネル族という部族が暮らしているのですが、センチネル族は外部からの接触の一切を絶っており、しかも外部から訪れた人を容赦なく襲撃、ときに殺してしまいます。 外部から来たと思われる、 見たこともないモノに、 敵意を剥き出しにしています。 パンディット氏は、イギリス領インド帝国の時代にまでさかのぼる、この手法には懐疑的だった。

7

また、2006年には、カニの密漁をしていた2人のインド人が、寝ている間に船が流され、北センチネル島の海岸に漂着した結果、矢で射殺されてしまいました。

20

フランスの海外地域圏 レジオン のひとつで、火山活動と多雨によって生み出された渓谷や断崖、高原などの独特な地形や植生などが評価され、2010年に「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」という名称で世界遺産に登録されています。

3

インド政府による入島規制 地理的には、船があれば簡単にいける距離だ。

これは、北センチネル島のフェイスブックからの写真。 また水着の「ビキニ」もビキニ環礁が由来となっています。

しかもこのトリスタン・ダ・クーニャ島は火山島です。 ちなみに、日本は、北センチネル島の東側に浮かぶ、アンダマン・ニコバル諸島を第2次大戦中に占領していた事実がある。

4

北センチネル島の近くには 美しいサンゴ礁の海が広がっている。 北センチネル島上陸の試みもこれが初めてではなく、2016年・2017年にも行っていた。 インド政府は1960年代からセンチネル人との接触を試みてきた結果、91年に初めて友好的に接触できた。

15

2018年の宣教師殺害事件 [ ] には、漁船を雇って島にで単身接近し、住民をにさせるために上陸しようとした自称「」 の (在住での26歳男性)が住民に弓矢を射掛けられ、傷を負った所を首に縄をかけられて死亡した。 頑なに文明を拒むセンチネル族にキリストの教えを伝えたい、アラバマ州出身のキリスト教宣教師ジョン・アレン・チャウ(27歳)は長年その想いを抱き続けていました。

17