メトホルミン。 メトホルミン

肝機能障害• その結果、SU薬というインスリン分泌を促進する薬剤の方が一時期主流になったのですが、臨床データなどが新たに出たことで再評価され、今では2型糖尿病の第一選択薬として幅広く使われています。 たん白同化ホルモン剤 併用により低血糖が起こることがある。 メトグルコ(一般名:メトホルミン)の開発 ビグアナイド系薬であるメトグルコですが、以前は メルビンという名前で販売されていました。

17

下痢、悪心、腹痛、食欲不振などが認められます。 乳酸アシドーシスが生じる理由・メカニズム メトホルミンをはじめとしたビグアナイド薬は肝細胞のミトコンドリア膜に結合し、酸化的リン酸化を阻害しTCAサイクルを低下させることで結果的に乳酸の産生が亢進されることと、乳酸からグルコースへの変換(糖新生)の抑制によって乳酸が蓄積することが原因と考えられています。 [本剤はほとんど代謝されず、未変化体のまま尿中に排泄される。

インスリン分泌の、増加をともなわないのが、特徴です。 栄養不良状態• ] 脱水症の患者又は脱水状態が懸念される患者(下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者、経口摂取が困難な患者等) 過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。

3

[「重要な基本的注意」の項参照] 腎機能が低下し、本剤の排泄が低下することが考えられている。 AMPKの活性化はリン酸化カスケード上流のLKB1というキナーゼの影響下にあります。

(その他の注意) インスリン又は経口血糖降下剤の投与中にアンジオテンシン変換酵素阻害剤を投与することにより、低血糖が起こりやすいとの報告がある。

2

観察研究でも,REACH Registryのアテローム血栓症を伴う2型糖尿病患者約2万人のデータにおいて,メトホルミン服用患者は非服用患者にくらべて全死亡が24%減少しています。 研究グループは「PET-MRI」という新しい放射線診断装置を用いた生体イメージングにより、メトホルミンを飲んだ患者で血液中のブドウ糖が大腸から便の中に排泄されることを明らかにした。

7

食事を抜いた時はどうする? 例えば、シックデイの時には食事を食べることは難しいと思います。

12

心血管系に高度障害• メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ファイザー」 社内資料:生物学的同等性試験(メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「ファイザー」). 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者さんも乳酸アシドーシスの関係で禁忌です。 筋肉はインスリンと関係なく、強い運動でエネルギーを使うとブドウ糖を取り込まなくてはなりません。 7円で服用することができます。

2型糖尿病患者でのがんの発症率は、メトホルミン使用者で低かったという報告がある。 中等度腎機能障害• しかし、1970年代にフェンホルミンによる乳酸アシドーシスという重大な副作用による死亡例が報告され、フェンホルミンは禁止されました。

8