ペリカン 文書。 映画『ペリカン文書』あらすじ&ネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

そのヴォイルズに大統領は「ペリカン文書の事はほおっておけ。 ヴェルヒークも信用できるかどうか。

3

。 One of the president's men who read it is afraid that if it ever got out, the president could be smeared. ガルシアを張り込んでいたクロフトの報告によりグレイはガルシア・オフィスを訪問。

グラハムがダービーの現状を上司のスミスに報告するも動けないとする。 小説の方が、表現の仕方という意味で面白かったかもしれないと思わなくもないですが、映画は俳優も演出も良かったので、これはこれで満足です。 ラストの雰囲気も好きです。

12

原告側は30年間に及ぶDDTなどの農薬汚染で州鳥のブラウン・ペリカンが絶滅寸前だと訴え専門家に協力を求めました。 ダービーはいまや何者かがあのペリカン文書のせいで彼女の命を狙っていると認識し、逃亡生活を始める。 フェルドマンはグラシアから始めてマチスを追うよう指示。

10

ヴァーヒーク、そして暗殺事件の実行犯の男(スタンリー・トゥッチ)が彼女のそばで殺されるに及んで、ダービーは敏腕新聞記者グレイ(デンゼル・ワシントン)に、何もかも話す。 ともかく、そういう古い時代の作品なので「ホテルで電話待ち」とか「衣服と場所を指定して待ち合わせ」とか、昭和あるあるが満載。 しかし暗殺者はダービーの目の前で射殺される。

10

グランサムは証拠を基に記事を書き始め、記事の裏を取るために次々と当事者たちに連絡をとる。

28ダービーの指示に基づき、グレイが尾行に注意しながら彼女をホテルに尋ねる。 五時までに容疑者リストの提出、米国の何らかの機関がこの件に関わっていないかどうか調べるよう要請する。 ローゼンバーグの弟子で、彼の下で事務官をしていたトーマス・キャラハンは、のので教授をしているが、ニュースを聞いてショックを受ける。

ダービーは最高判事連続殺事件を追っているジャーナリストのグレイに事の顛末を打ち明け、グレイを頼りにしながら真相追及を2人で進めていく。 自然保護のために闘った若い弁護士は別荘で銃弾に撃たれ亡くなり警察は自殺と断定したが机の上には訴訟書類の山であり家族は疑問を抱いていました。 ただ、都合が良すぎる話でもありますね。

8

キャラハンがダービーの元に行き仲直り、彼は調査に協力する事を誓う。

2