デニス ベルカンプ。 デニス・ベルカンプはなぜ天才と呼ばれたのか? 究極に達したトラップの技術と芸術的ゴールの理由【アーセナル伝説の2トップ(3)】

ヨハン・クライフを筆頭に、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールト、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフ、パトリック・クライファートなど名前を挙げればキリがないが、中でも、クライフと並ぶレジェンドとしてファンに記憶されているのが、表情ひとつ変えずゴールを量産する姿から「アイスマン」と称されたデニス・ベルカンプである。

8

同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。 他の選手ならパスできない、パスしてはいけない状況でも、メッシにはボールを渡すべき状況が確実にある。

アウトスピンキック• 2016年夏にが監督に就任した際もアシスタントに留まったが、このシーズンはベンチには座っていない。

10

アーセナルのレジェンド ベルカンプのプロフィール 名前:デニス・ベルカンプ Dennis Nicolaas Maria Bergkamp 生年月日:1969年5月10日 国籍:オランダ ニックネーム:アイスマン 経歴 1986-1993 アヤックス オランダ 1993-1995 インテル・ミラノ イタリア 1996-2006 アーセナル イングランド アヤックス時代 1986年に17歳でトップチームにデビュー。 年齢 出場 評価 スピ テク パワ スタ ラフ 個性 PK FK CK CP 交換 知性 感性 個人 組織 27歳 3257 3. 4月末の発表を皮切りに、ここまで5人が選ばれていた中、ベルカンプ氏は6人目の殿堂入り選手に。

1

だからこそ『BBC』に掲載された同氏のコラムが非常に興味深かった。 TOP30• ゴールを向くと、キーパーの動きを視野に捉えながら、恐ろしいまでの冷静さで決めたシュート。

右サイドのフレドリック・ユングベリはライン際からの仕掛けを得意とし、左サイドのロベール・ピレスは内側にポジションを移動しながら積極的にチャンスメーク。 インテルでは苦しんだが、1995年にアーセナルに加入すると圧倒的なポテンシャルを開花させる。 キャリアのスタートとして、アヤックスのユースチームに入団する。

2

つまり、晩年までテクニックは衰えなかったことを物語っている。 得点記録:37得点(歴代4位)• ゴールに背を向けたベルカンプは、ライナー性のパスを左足インサイドに当て身体の右側にふわりと浮かせて背負っていた相手の右側を通す。

6

ワンタッチパス• 09 9 10 9 8 5 6 7 6 6 9 S 0 2 0 0 28歳 2724 3. とりあえず、アーセナルキャリアの初期の頃に、あのバック4とプレイすることができたのはラッキーだったと思う。

9

そして、2002年3月のニューカッスル戦で見せた、トラップと同時に相手を裏街道で抜き去った衝撃のスーパーゴールは、ファン投票によりプレミアリーグ開幕から25年間のベストゴールに選ばれている。

6