地震 気象庁。 気象庁|震度・マグニチュード・地震情報について

78年、東海地震の予知を防災対策に生かすための「大規模地震対策特別措置法」(大震法)が成立。 (平成30年6月18日報道発表)• 気象、地象、地動、、地球電気及び水象並びにこれらに関連するに関する観測並びに気象、地象及び水象に関する情報(第121号)• (約3ヶ月後に掲載) 震源、検測値、発震機構、震度、津波、ひずみのデータを掲載しています。

(昭和24年)6月1日 - 運輸省設置法(昭和24年5月31日法律第157号)の施行によりの付属機関となる。 気象庁(政令第225条)• 確定値 : 地震の観測データ・解析結果など• 2回目以降は以下の地震であり、計測震度計で震度7を観測しています。 人事課• 一般職の国家公務員なので、のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。

19

かつて地震予知を志して気象庁に入庁した幹部職員は「夢破れた」と語る一方、近年は「科学の身の丈に合っていない」との思いも抱いていた。

マグニチュードや震度は世界共通なのですか? マグニチュードは大まかに言うと世界共通です。 • データの数が増えるため、「速報値」よりも震源の位置やマグニチュードの精度は上がりますが、 処理に時間がかかり、通常は地震が発生した日の翌日に更新されます。

(10分毎更新) (地域別拡大: ) 前日から本日(約30分前まで)の、地震活動状況を掲載しています。

20

基本的な地盤の状態が異なる場合(例えば固い岩盤とやわらかい沖積地)などは、地震が起きたところからの距離がほぼ同じで隣り合う市町村であっても、観測される震度に差が生じることがあります。 気象庁総務部企画課 「」 平成25年3月8日• 組織率、団体数は、国土交通省全体のもののみ公表されている。

2

気象情報伝送処理システム(アデス)• 「平成28年(2016年)熊本地震」の4月16日の地震(M7. 兵庫県南部地震のMは当初M7. 気象庁ホームページのコンテンツを利用しているページでは、「公開データについて」などに、コンテンツの名称などを記載をしています。

平成19年以降に発表した津波警報・注意報の検証結果を掲載しています 気象業務に関する基本的な計画の作成及び推進(第119号)• (明治23年) - 中央気象台官制(明治23年8月4日勅令第156号)制定、地理局から分離独立して内務大臣直属となる
一方、外国では主にMM震度階(モディファイド・メルカリ・スケール(改正メルカリ震度階))という12階級での表現を使っています (平成30年6月18日発表)• 「2、3日以内に大地震が発生する恐れがある」と宣言する「予知」の体制がとられたのは、東海地震だけだ