山口組 ナンバー 2。 (2ページ目)山口組ナンバー2若頭・高山清司の本当の恐ろしさ「強烈な頭脳、誰もが怖がる…」ートカナ

『』 2008年9月10日 中央ジャーナル• 策士と言われる高山清司若頭の出所で何が変わるのであろうか。 なお、現在はにも自宅がある。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。

4

稲川会館入り口前の道路をはさんだ空き地にも30人を超える濃紺のスーツのいかつい男性たちの塊がいたが、現場にいた男性によれば神奈川県警の警察官だという。 2005年にナンバー2の若頭に就くと、銃刀法違反の罪で服役中だった篠田組長に代わって山口組を統率した。 そんなことを繰り返せば、組織の弱体化へと繋がる。

20

この長野県を舞台に、六代目山口組系組織と神戸山口組系組織(当時)が、何度も激しくぶつかり合い、火花を散らし合ったのだ。

20

その後も会館から次々に幹部が出てきては車に乗り込み、あっという間に解散していった。 そうすることによって、住居として俠友会本部に出入りすることが可能というのが、俠友会側の理屈です」 ただし問題は、住民票を俠友会本部に置くことは確かに禁じられていないものの、住居として使用することも明確には認めていないという点だ。 使用禁止された事務所の使用禁止は15日ごとに更新され、この間対立抗争が起きたら各都道府県は暴対法に基づき3ヶ月の使用禁止の通達を出し、組関係者の聴聞会も開かれる。

9

撃たれた2人は搬送先の病院で死亡した。 中退した高校時代に野球のボールが右目に直撃し、神経と筋を切り、現在のようにまぶたが垂れ下がった状態になったという。

8

割れた中で何度も抗争事件が起き、人が何人も亡くなった。 金澤会長を慕いながらも、金澤会長から受け継いだ組織の今後のことを考えて、移籍を決断した宮下組長。 その際、絆會の最高幹部らは、自身の進退や組織の今後について、さまざまな検討していたようだ。

2

2012年11月にに出廷した際には、首にを装着して杖をつく状態であった。

14