信用 売り 残。 買い残と売り残

返済期限は当日ですが、信用取引にかかるコスト(金利、貸株料)が安く、デイトレーダーに人気。 銘柄ごとに信用取引で反対売買がされていない株数の残りを示したものが、買い残と売り残です。

12

貸借倍率と信用倍率 信用残を見る際に必ず出てくるものに 貸借倍率というものがありますが、これは買い残と売り残がどんな比率になっているのか示すものです。 ひとつは、各 が毎週末時点における制度信用取引、一般信用取引合算での貸株、 残高をそれぞれ集計し、翌週の火曜日引け後に発表する「 別信用取引週末残高」です。

信用取引は決済期限が設定されており、その期限までに信用買いの場合は「売り」、信用売りの場合は「買い」といった形で、 反対売買を行う必要があります。 このため、信用残を確認する場合は、下記の2点に注目してみてください。

8

また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。 買い建てならば「売り返済」、売り建てならば「買い返済」です。

14

また、株価上昇に伴って信用買い残高も増加していくのが通常です。

裏というほどじゃないが、実際には「タダ」じゃなく実は貸株料や信用配当金といった費用は発生する。 こうした銘柄は、逆日歩のリスクがあるだけではなく、下がったら利益確定のために買い戻しが入る可能性が高く、そうした意味でもカラ売りの対象として狙いにくくなるので、個々の銘柄について信用残の動向は必ずチェックする習慣をつけておきましょう。 証券会社は、ここで調達した資金や株券を投資家に提供しているのです。

17