年末 ジャンボ ミニ 当選 金額。 2021年サマージャンボミニ当選確率は?当選金額や本数も!

これは、1枚目が外れ(1000枚に995枚)のうえで、2枚目も外れ(残りの999枚に994枚)となる確率だ。

1

抽選日は、令和元年を締めくくる12月31日。 途方もないことですが、当たりのお米も宝くじも、必ず中に入っていますよ。 年末ジャンボ宝くじ、当たる確率が一番高いのはどれ? 金額では年末ジャンボ>ミニ>プチの順番に差がつけられていることがわかりましたが、やっぱり当てられなくては意味がありませんよね。

1

2020年の年末ジャンボ宝くじの当選確率は? 2020年の年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボ宝くじミニの当選確率はそれぞれ下記の通りです。 年末ジャンボの各等級一覧表 では、2020年の年末ジャンボ当選確率を表にしてまとめます。

12

2020年の2等は1000万円ありますが、1ユニット内に4本となっています。 古川イオンチャンスセンター(宮城県大崎市)• 大安吉日、一粒万倍日や、発売当日、最終日は宝くじ売り場は長蛇の列になっています。

17

前後賞の復活• 今年から始まった年末ジャンボプチは、1等の当せん金額が700万円です。 そして2016年には「年末ジャンボプチ」が発売され、年末ジャンボ宝くじは3種類に。 ぜひ参考にして、あなたの「想い」に合った年末ジャンボ宝くじを買ってみて下さい!. もし、この年末ジャンボから宝くじを買ってみようかな、と考えているあなた!• 何故3種類になったのか? 年末ジャンボの1等・前後賞を合わせた当選金額は年々上がり続けています。

こちらもかなり多くなっているので、100万円でも当たったらものすごくうれしいですよね。 2020年 年末ジャンボ宝くじ 当選番号 等級 当選金額 組 番号 1等 7億円 23組 150367番 1等の前後賞 1億5,000万円 23組 1等の前後の番号 1等の組違い賞 10万円 各組共通 1等の組違い同番号 2等 1,000万円 03組 16組 86組 155組 168523番 199268番 130041番 191021番 3等 100万円 組下1ケタ 0組 組下1ケタ 2組 163008番 114841番 4等 5万円 各組共通 下4ケタ 9394番 5等 1万円 各組共通 下3ケタ 244番 下3ケタ 364番 下3ケタ 581番 6等 3,000円 各組共通 下2ケタ 30番 7等 300円 各組共通 下1ケタ 0番 2020年 年末ジャンボミニ 当選番号 等級 当選金額 組 番号 1等 3,000万円 71組 99組 33組 33組 149238番 153157番 118460番 125460番 1等の前後賞 1,000万円 1等同組 1等同組同番号の前後の番号 2等 5万円 各組共通 下4ケタ 6146番 下4ケタ 7058番 下4ケタ 1930番 下4ケタ 5742番 3等 1万円 各組共通 下3ケタ 454番 下3ケタ 530番 下3ケタ 898番 下3ケタ 917番 下3ケタ 195番 4等 3,000円 各組共通 下2ケタ 27番 5等 300円 各組共通 下1ケタ 6番 2020年 年末ジャンボ宝くじ 代行受付日程 購入代行受付中! 受付期間: 2020年12月21日(月)まで 2020年 年末ジャンボ宝くじ 販売概要. これは、1ユニット1,000万枚、15ユニット発売した場合の数字です。 1等以外の当せん本数は年末ジャンボミニのほうが多いですが、賞の種類が限られている点も考慮しなければなりません。

3

100万円や10万円といった大きな当選金が無くなりましたが、分配されて多くの人に当選するよう配慮された感じですね。 大宮西口DOMチャンスセンター 埼玉県さいたま市• このようによく売れる場所は回転が速いので、自然と1等当たりクジも入っている可能性が高いのです。 全国のチャンスセンターなど宝くじ売り場• 関連ページ >> 宝くじと聞くと真っ先に思い浮かぶ 「ジャンボ宝くじ」 そんな宝くじで毎回高額当選がでて、常にニュースなどでも話題に上るのが 西銀座チャンスセンター ここで購入されている方も多いのではないでしょうか。

年末ジャンボミニは、1等の当せん金額が5,000万円、前後賞合わせて合計7,000万円を狙うことが出来ます。 ただ一般的に宝くじを買いに来るお客さんが 「年末ジャンボください」と言ってきた場合、ほとんどの場合が億狙いのものです。 だから、1等があるかないかわからないような売り場で買うよりは、年末ジャンボの1等も当たりやすい売り場なんですね。

2
年末ジャンボミニとは 年末ジャンボは、1年に5回発売されるジャンボくじの一つですが『年末ジャンボミニ』はどのような宝くじなのでしょうか?当せん本数や金額の違いに注目しましょう 宝くじの種類はさまざま 宝くじは『通常宝くじ』『数字選択式宝くじ』『スクラッチくじ』に大別できます
ちなみに2018年度版ですが一覧表にまとめてます そして2018年はこの傾向がさらに強まり、1等の賞金を減らして4等10万円を3倍の本数に増やし、年末ラッキー賞も新設しました