医療 費 控除 源泉 徴収 票。 確定申告の医療費控除について(計算方法など)

もその点は同じです。 機会を見て、それらの控除の内容についても説明したいと思います。

14

前述の通り、源泉徴収票の保管義務については変更がありません。 また、還付申告を新たにする場合にも、この新しい制度が適用されることになります。 これらを記入後、「合計(25)」に(21)と新たに申請した控除分を足した金額を記入します。

5

しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。 会社に勤めているサラリーマンであれば、会社が源泉徴収票を発行してくれるのが一般的です。

ただ企業によっては面倒などの理由によって拒否されることもあります。 記入の際には、事前にマイナンバーを確認しておくとスムーズに記入できるでしょう(年末調整を受けており配偶者(特別)控除や扶養控除に変更がない場合は、マイナンバー記入の省略可)。

4

確定申告書を作成すると、税額の決まり方もよくわかります。 退職者の所得税還付申告とは、退職した人が在職中に支払った所得税が実際の収入に対して多かったときに戻してもらう制度です。 平成28年分の確定申告からマイナンバー記入欄が 平成28年1月より運用が開始されているマイナンバーですが、平成28年分の確定申告書類から確定申告書に記入欄ができています。

また保険に加入していて、その医療に対して保険金などを受け取った場合は、その金額が差し引かれます。 日付順などは関係なく、家族の名前、医療機関ごとに金額を記入すればいいということになりました。

4

コピーでもいいのか 医療費控除で源泉徴収票を提出する場合、源泉徴収票は原本でなければならないのでしょうか、それともコピーでもいいのでしょうか。