ロイ マスタング 目。 鋼の錬金術師の主要な登場人物

エルリック兄弟をはじめとするアメストリスの人間には「白黒の猫」と認識されている。

19

軍服の下は黒のを着用している。

圧倒的な権力、そして軍内部に入り込んだホムンクルス側陣営の強さを感じる一言です。

5

本体は巨大な影に無数の目や鋭い歯を持った口が備わった不定形の姿をしており、フラスコの中の小人としての「お父様」に似た姿をしている。 ホーエンハイムからは「傲慢」こそが「お父様」の本質とし、だから最初に切り離され、性格や姿が似ている(あるいは似せて造られた)と指摘されている。 横に立っている女性は、彼の右腕を務めるリザ・ホークアイ中尉だ。

20

目の治療をしたのは、マルコで賢者の石を持っていました。

ブリッグズ要塞司令官。

16

結果として第2巻から第4巻という短い登場であったが人気は高く、キャラクター人気投票でも10位以内に入っている。 このように、大佐が間違った行動をした時はためらわずに撃ち殺せと背中を託されていたホークアイ中尉。 士官学校卒業後は、国家錬金術師となった事から若くして少佐となり、に参加する。

20

身長175㎝前後。

12