アカ ホホ シシュンキ。 ヨモギやタンポポでオイルバームづくり! 庭の野草でできるバームや野草茶

一般財団法人沖縄美ら島財団とフィールド自然史博物館(米国)の研究チームは、これまで1種類と思われていたアカタマガシラが実は2種類に分かれることを明らかにし、一方を「アカタマガシラ Parascolopsis akatamae(新種)」、他方を「エンビアカタマガシラ(新称) Parascolopsis eriomma」としました。

17

高芽が小さなバルブになり、根を伸ばしたころを見計らって指で摘み取り、水ゴケで小さな鉢に植えつけます。 4月から7月末まで月1回固形の油かす系肥料を施し、さらに週に1回液体肥料も施します。 それを容器に流し入れると30分もたたないうちに固まって、美しい深緑色のバームができあがった。

12

だんだんと葉から色が抜けて油が深緑色になっていく。

8

少しだけ花を植えたり畑にしたりもしているが、あとは野草が自然にまかせて育つのを見守るようにしている。 両種の外観は酷似しますが、「頭部の色彩」と「尾鰭の形」にわずかな違いが見られるほか、DNA解析からも別種であることが確認されました。

13

効くか効かないかはよくわからないが、何かつけると子どもたちはひとまず安心するので、おまじないのような役目を果たしてくれればと思った。 左がヨモギオイルバーム。

植えつけ、 植え替え 植え替えは2年に1回程度、春の花後に行うのが標準。 eriomma 雑誌名 Zootaxa 論文リンク お問い合わせ先 総合研究センター 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川888番地 TEL:0980-48-2266 FAX:0980-48-2200. 一般財団法人沖縄美ら島財団とフィールド自然史博物館(米国)の研究チームは、これまで1種類と思われていたアカタマガシラが実は2種類に分かれることを明らかにし、一方を「アカタマガシラ Parascolopsis akatamae(新種)」、他方を「エンビアカタマガシラ(新称) Parascolopsis eriomma」としました。

3

春遅くに開花した場合は、早めに花を切って植え替えを行います。 Nerius femoratus モンキアシナガヤセバエ Stypocladius appendiculatus ホシアシナガヤセバエ Diopsoideaシュモクバエ上科,Strongyrophthalmyiidaeハオレホソバエ科,Megamerinidaeモモブトバエ科 Strongylophthalmyia japonica ヤマトハネオレホソバエ Texara compressa クロフトモモホソバエ 画像提供 まゆみ様 Diopsoideaシュモクバエ上科,Psilidaeハネオレバエ科 Psila nartshukae ニンジンハネオレバエ? Choerades nigrovittata クロスジイシアブ 画像提供 pakenya様 Stichopogon infuscatus ハマベコムシヒキ 画像提供 田中川様 Promachus yesonicus シオヤアブ Dioctria nakanensis ハラボソムシヒキ Molobratia japonica アシナガムシヒキ Molobratia sapporoensis サッポロアシナガムシヒキ Grypoctonus hatakeyamai ハタケヤマヒゲボソムシヒキ 画像提供 naoi様 Empidoideaオドリバエ上科 Empididaeオドリバエ科,Dolichopodidaeアシナガバエ科 Syndyas nigripes 画像提供アーチャン様 Tachypeza fennica クロテンカマアシハシリバエ 画像提供おーやぎ様 Trichoclinocera dasyscutellum 画像提供おーやぎ様 near Empis Pl. 水やり もともと樹木に着生するランですから、根がびっしょりとぬれたままになるのは嫌います。 水をたっぷりと与えたあとは、植え込み材料がやや乾いてくるまで次の水やりは行いません。

8

その2 画像提供 アーチャン様 Thinophilus sp. とにかく夏は、汗疹ができたり蚊に刺されたりすると、子どもたちが大騒ぎするので、これはありがたいと思った。 病気と害虫 病気:葉に黒い斑点 夏にバルブが大きく育ち、みずみずしい葉がつくころから秋にかけ、葉に黒い斑点が出ることがありますが、生育に大きな影響はありません。 裸足でいると、まるで体の一部が庭のような不思議な感覚を覚える。

6

中・下段は蛍光の様子 著者名 Kei Miyamoto, Caleb D. 野菊があちこちに生えている。 我が家の3人の子どもたちにつくったバームを渡すと、みんな大喜び。

3