うみねこのなく頃に ネタバレ。 『うみねこのなく頃に』を全て読み終えて:いつも気ままに

ベアトリーチェが各ボトルメール毎に展開や被害者を決めてるので EP毎に内容が変わるのはそのためです。 第一の晩、第九の晩以降はベアトリーチェが犯人。 。

3

しかし、絶望に染まった縁寿に戦人が手を差し伸べます。 原作は『ひぐらしのなく頃に』でブレイクした「竜騎士07」。 戦人はこの雰囲気の中で、右代宮家の人々の幻影を見ます。

10

そして彼女はを解き明かす。

繰り返しますが、あくまで個人の感想です。 ベアトは客間の扉から退出。 そして「」という名称で登場する人物が、実際には三人います。

13

6人はトラップで殺されてはいない 6人は誰も自殺していない!! 6人の中に事故死は、(ロノウェが復唱を阻止) マスターキー5本は全て、5人の使用人の懐よりそれぞれ発見された! 個別の鍵は死体の傍らの 封筒の中に! つまり、連鎖密室にかかわる全ての鍵が、連鎖密室内に閉じ込められていたわけだ!! ドアの隙間だの窓の隙間だの通気口だのッ、そんなところを使って密室外から鍵を戻すことなど出来ぬぞ!! 彼ら全員には致命傷となった銃創と思わしき傷痕があったぞ! 室外からの殺害は不可能だぞ!! さらに赤を重ねようぞ! 金蔵を除く5人の殺人の際、殺人者は必ず同室していた! 自殺者がいないことは当時に赤で宣言済みだ!! 連鎖密室は最初に発見され踏み込まれる部屋を限定することにより、発見の順番を確定できる まず、ベアトリーチェはボイラー室に金蔵の死体を運ぶ。 それこそ、悪魔じみたタイミングで。 ぜひとも自身の目で確かめてみてください。

事件は譲治・紗音、朱志香・嘉音、戦人・ベアトリーチェの恋愛から発展。 しかし、紗音はベアトリーチェのおかげで『人間』にしてもらった。 「うみねこのなく頃に」エピソード4の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。

18