ホジュン 66 話。 第66話 ホジュン~伝説の心医~

役人が書物を手当たり次第に持ち出す。

14

ダヒを見つけると、ドルセはこう言った。 [35]• 「行かないで、ジュン・・・」 ハマンが泣きながら言う 「なんて可哀相に」 病気の母を気遣い、皆が泣いていた・・・。 絶対に漏らすな」 医官と同行することになったオグンは、流刑地に行くから渡すものがあれば持っていく、とダヒに告げた。

4

村人との接触禁止のはずのジュンの家に大勢の村人があふれていたからだ。 「聞け! 長年にわたる努力の末、医書を完成させた、医官の功績を称えたい。 その時、病人が家を訪れる。

1

そんな中、ジュンは遂に医書を完成させ「東医宝鑑」と名付ける。 どうか私の身勝手を許し都を離れる許可をください」 王は震える声で聞いた。

「・・・どなた?」 ・・・傷心のジュンのもとに、客人たちが訪ねてくる。 今すぐホ・ジュンを都に呼び戻せ」 皆の沈黙を破って、ドジが答える。

2

だが、私が呼んだら、すぐに駆け付けるのだぞ。

9

まともなものは食べてないだろうから。

10

[24]• 「 王様。

20

私にとって師匠の約束は、命よりも大事なのです。 「それはやめてくれ。