バレル スタビライザー。 VSR

もし弾丸が銃砲身の中を進んでいる途中で火薬の燃焼が終了した場合、その時点で燃焼ガスの昇圧が止まるため、弾丸の加速も終わり、存速にて銃砲身を離れることとなる。

引き金を操作すると、シアー 逆鉤 と呼ばれるカム状の部品を介して、撃針 ファイアリングピン を叩くハンマー 撃鉄 の固定を解放する。 スポーツカーなどでは、スタビライザーを付けず、代わる部品を設置する場合もあります。

10

しかし、などの突発的な近接戦闘を想定した用途では、余りにも固定が確実でありすぎる構造では不具合の方が大きいため、現在では鋼球とコイルスプリングを用いた節度機構 ディテントボール を安全装置に内蔵することで、回り止め機能を確保することが多い。 また図の銃では、作動用の火薬ガスを銃身から取り出す部品 ガスポート を兼ねている。

2

銃身の後部はチャンバー(薬室)になっている。

この特性を生かしてバレルの微振動を抑え込む「制振加工」の効果もプラスしたのが今回の改良点になります。

5

また、特殊部隊では弾倉が空にならないうちに次の弾倉に交換する、いわゆるタクティカルリロードを行うことが多い。 引き金とシアーの組み合わせの設計が悪いと、引き金を引くために必要な力 トリガープル が大きくなり、照準がぶれて命中精度に影響を与える。

11
近年の拳銃では、夜間や薄暮の射撃のために、背面に蓄光材が埋め込まれていたり、白や赤の塗装が施されているものがある で採用された引金を固定する構造の物が著名で、類似した構造を持つ拳銃も多い
ただし、強くしすぎると乗り心地は悪くなることもあるため、ロールの抑制と乗り心地のバランスに注意が必要です SRとしては速い連射速度と大きなマガジン容量を持つ