ウーバー テクノロジーズ 株価。 2020年のウーバーは有望株、その理由

しかし今では、2020年中に初めて利益を出すと見込んでいる。

4

80ドル。

19

5月5日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの第1・四半期決算は、調整後の利払い・税・償却前損益が3億5900万ドルの赤字と、前四半期から赤字幅が約1億ドル縮小した。

また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 グロス・ブッキングは-35%の102. )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 売上高は伸びていますが、大きな赤字を計上しています。

10

RBCのアナリストのマーク・マハニー氏は24日、米テレビ局CNBCに対し、ウーバーはRBCの今年のトップピック銘柄だと述べた。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. うちモビリティーは-90%の5,000万ドル、デリバリーは+19%の-2. (10-12月・第4四半期) ・1株利益:-0. 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。

5

もご用意しております。 この数値は倍増する可能性があるとみていると同氏は語り、ウーバーは中核の配車サービス事業で20%のブッキングの伸びを市場予想よりも長期間維持できる可能性があると予想した。

11

これは終値ベースで過去最高値となる。 まだ大きな赤字を計上していますが、今後の成長に期待がもてますね。

通常、売上高>営業CF>純利益となる IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります
【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません 58ドルまで売られた