アメリカ 暴動。 アメリカの暴動はジョン・タイターの言う内戦の始まりか

トランプ大統領は暴動が激しくなっていた5月28日深夜、デモ隊を非難し、ミネソタ州知事に対しては軍隊の出動も可能であり「略奪が始まれば銃撃する」とつづった。

12

トランプ大統領も一時、地下に避難したという。 ということで、ジョン・タイターの語ったアメリカの未来を見て見よう。 デモ隊たちがしきりにこう訴えていたからかもしれない。

6

トランプ大統領は彼らと戦う真の英雄だ」「民主党のリベラル政治エリートたちは異常な小児性愛者で、じつは裏で非道な児童売春をしている。 台湾、日本、韓国を強引に併合する。 スポーツシューズ店からは、NIKEの箱を抱えた人々が出て来た。

7

その後、夜に議会議事堂前に移動した群衆は「撃つな!」と。 トランプ氏の支持者は6日、警備線を破って連邦議会議事堂に乱入。

4

何が起きているんでしょうか?興味津々。 ニューヨーク・マンハッタンでも、複数箇所でデモが発生し、同市は5月31日までに、市内で340人を逮捕したと発表した。 彼らもヒラリーサイド(グローバリストたち)の人間に雇われたことが後でバレてしまいました。

もともと大した組織でもないが、考えることが極端なのだ。

11

ジェームズ やはりこれは、軍とCIAの精神構造が違うから起こったことです。 しかし、今回のデモや略奪行為は、ロサンゼルスの諸所で起きている。

3