アレッタ 野菜。 簡単に食べられるレシピを紹介*

主要産地の1つである 三重県伊賀市で作られたアレッタは主に名古屋市場へ出荷されています。 まだあまり知られていない!新顔野菜「アレッタ」って? 今回ご紹介するレシピに使われている野菜、「アレッタ」。

5

ブロッコリーと比べると、カルシウムやナイアシン、ビタミンC、ビタミンKなどの栄養素が含まれ、カロテンはブロッコリーの3倍も。 アレッタ• 1番花と呼ばれる株の中央にできる大きなつぼみの茎が、親指より糸周り大きくなったぐらが収穫スタートです。

アレッタは農林水産省の登録品種データベースによると、三重県の育苗会社の株式会社ナコスが『ブロッコリー「ゆとり」の後代に出願者所有のケールの育成系統を交配し、選抜したもの』となっています。

8

アレッタとは? アレッタとは、ブロッコリーとケールを掛け合わせた野菜です。 野菜の王様 最初にあげたようにアレッタは栄養価の高いブロッコリーとケールを混ぜて作り出された野菜なので「野菜の王様」と呼ばれている ケールには豊富なビタミンの他にも カルシウム、食物繊維、ルテイン、メラトニンなど体に良い栄養素が沢山含まれています。 今日はこちらアレッタのご紹介させていただいているんですけれども、ブロッコリーとケールを掛け合わせた新しい野菜です。

13

目次 アレッタとは? 名前の響きは洋風ですが、誕生したのは三重県で国産野菜です。 ケールは青汁の原料として有名です。

6

(私はキッチンペーパーに包んで600Wで2分電子レンジにかけて水切りします! その場合は冷ましておいてくださいね。 11月上旬以降、伸びてきた頂花蕾(ちょうからい:株の中心や先端にできる花のつぼみ)がピンポン玉ほどの大きさになったところで、わき芽を残すように主茎を切って収穫します。

18
「アレッタ」をさっと固めに茹でてから水気を切り、金属のバットなどに重ならないよう広げて急速冷凍します 登録農薬は「野菜類」なので、野菜類に対応する農薬を選びましょう
青汁の原料として知られるケールは栄養豊富 ケールは栄養価が高いことは知っていても、どうしても苦味が苦手で食べられないという人も多いでしょう