東芝 プラント システム 株式 会社。 東芝、上場子会社3社に総額2000億円のTOB-今期売上高は増額

冷暖房設備工事とはエアコンを取り付ける管工事のことです。

水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 このため、これらの地域において、地震、台風、洪水等の大規模災害が発生した場合には、工事中断、輸送ルート寸断、情報通信インフラの損壊等により甚大な被害が生じ、当社グループの業績及び財政状態に重大な影響を与える可能性があります。 流動負債は、支払手形・工事未払金等の増加9,230百万円、未成工事受入金の増加7,372百万円等により、前連結会計年度末から15,373百万円増加し100,721百万円となりました。

16

1発電システム部門の事業環境 発電システム部門での海外事業においては、アジア地域をはじめグローバルに事業展開をしておりますが、これらの地域の政治・経済・社会情勢の変化やテロ等が発生した場合は、当社グループの業績に重大な影響を与える可能性があります。

5

この連結財務諸表の作成に当たりまして、決算日における資産・負債の報告数値、報告期間における収入・費用の報告数値に影響を与える見積りは、主に貸倒引当金、退職給付引当金及び法人税等であり、継続して評価を行っております。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。

8

負債 当連結会計年度末における負債は、前連結会計年度末より6,813百万円増加し117,437百万円となりました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。

橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

発変電、送配電設備、各種産業プラント設備の据付工事。

17

発電システム部門の売上高については、海外の火力発電設備等の案件が減少したことなどにより前連結会計年度に比べ11. ただし、配分されていない減価償却費及び受取利息は、合理的な配賦基準で各事業セグメントへ配賦しております。

5