ヒカキン ゆ た ぼん。 【悲報】ひろゆき、ついにゆたぼんパパと直接対決を始めるも、ゆたぼんパパの煽りに耐え切れずガチギレ「日本語が不自由な方なのでしょうか?」

しかし、 YouTuberが週刊誌に取り上げられたという前例はなくネットでは 「ヒカキンもとうとう週刊誌に追われる身に・・・」 と、週刊誌にスクープされた内容よりもヒカキンが芸能人の仲間入りを果たしたということに驚きを感じていた。 のは自身のInstagramで「馬鹿じゃない!不登校は不幸だよー!」と述べ、では「不登校児」、「馬鹿過ぎる」、「天才」、「天災だわ」とも記していた。

2021年4月15日閲覧。 その後いろいろとこのにがあるのでになるに至った。 誰よりも最新の商品知識を持っていたことを武器として、商品レビュー動画を投稿し始めたそう。

2

さらに「子供を学校に通わせないで、身の回りの出来事を学ぶことで生きる力を云々という頭の悪い親がいますが、身の回り生活からどうやって虚数の概念を学べるのか聞いてみたいです」とし、「『虚数なんて知る必要がない』と考える人は知識が足りないし、子供の成長に制限をかけてることに気づかないならアホでしょ」と辛辣(しんらつ)につづった。

動画きっかけで初めて出演したライブは、渋谷駅から2分のRUIDO. スクープされた写真を見て 「変な顔して無くて良かった・・・」と安堵したり、記事の一部を読み上げ 「これ、ホントなんだよね」と記事の内容が正しいことを明かすなど、 いつもの「商品レビュー」をするかのように自分が取り上げられた記事を面白おかしく紹介した。 3月24日に公開した動画では、通っていた小学校を卒業したものの、髪を染めていることから卒業式への参加ができず、校長室にて一人で卒業式を行ったと公表した。 、自身ので「人生は冒険やw」と記して動画作成「」で撮影した動画を公開した。

2

「動画は6秒ほどの短いものでしたが、なんの前触れもなかったこともあり、10日時点で145万回以上再生されるなど、多くの反響が集まっています。

20

「夜回り先生」ことは、かつて高校教師であった感覚からすれば親が子を登校させないことは犯罪であるとしたうえで、不登校に対する観点においてこれまでの「行かせない」「行けない」ではない「(自らの意思で)行かない」の選択肢があることで救われる児童がいることに加え、ゆたぼんを批判する層に対してそっと何も語らず投稿動画も観ずにそっとしておいてあげたほうが良いと述べている。