エホバ の 証人 輸血 拒否 事件。 最高裁が輸血を拒否する患者の決定権を認める

この時点においては、輸血に代えて代用血漿剤を使用することは、同剤が酸素運搬機能に欠け、凝固因子を有しないため、救命手段として適切なものとはいえず、他の適切な救命手段はなかった(同、乙第11号証の1)。

訴外一郎は、「必要なら免責証書も出します。

第二 請求の原因 本件の請求の原因は、次のとおり改め、又は加えるほかは、原判決の事実及び理由欄の第二に記載のとおりである。 」旨を明言してはおらず、将来の話合いの余地を残していて、絶対的無輸血の治療方針を採る旨を表明してはいない。 イザヤ 2:4)自分が住んでいる国の政府に敬意を払い,神の律法に反することにならない限り,その国の法律に従います。

[7] 3 花子が医科研に入院した当日の被控訴人Eと花子との問答は、貯血式自己血輸血の可否に関するものに過ぎず、両者とも、絶対的無輸血の意思又は治療方針を明確に表明するものではない。

13

」と質問すると、原告は「できません。 そのため、時として現代の常識と乖離してしまう事も多く、 社会との軋轢を生みやすい宗教だとも言われています。 でも、血を使ったものでなければ、大丈夫です。

2

手術は肝臓の大部分を取り除く大手術となり、女性は大量の出血からショック状態に陥りました。 やについて争われた法学上著名なである。

6

命を救うためには輸血が必要な状況になったのです。 手術中に、輸血しなければ救命の策がない事態に至った場合に輸血しないとする特約は、公序良俗に反する。 (使徒 15:28,29。

3

)に相談をした。 [20] 二 原告は、平成4年3月ころから下痢や便秘が続いており、腹部が硬くなっているように感じたことから、同年6月15日、右症状を訴えて、国家公務員共済組合連合会立川病院(以下「立川病院」という。

」と言って、原告及び訴外太郎が連署していた免責証書(乙第4号証)をその場で手渡した 先述のとおり、たけしはこれ以前に『イエスの方舟』で教祖を演じているが、そこで焦点となった宗教と家族の問題は、形を変えて『説得』に引き継がれているともいえる
この事例は待機的手術時の輸血に関する手続きが問題とされており、判決文では医師は輸血を拒否する患者の自己決定権を尊重し、患者に自己決定権行使の機会を与えなければならないとしている この時期、武田みさえさんは腫瘍が再発しており、病の身を押しての出廷となりましたが、第二審の審議において、裁判官は「公序良俗」について述べた第一審の判決を無視すると述べ、異例の事ながら、早々と第一審の判決を退けてしまいました