パーソル サンクス。 パーソルサンクス、横須賀市の農業の「食品ロス」課題解決へ 地元農作物を有効活用した障害者によるクッキーの製造・販売開始

規模だけではなく事業内容の多彩さでも、注目される存在と言って良いと思います。

2

しかし、 仕事の成果は決して定量的な数値にだけ現れるのではないはずです。

17

1991年、グループの業務受託から事業を開始した 特例子会社パーソルサンクスは、以来およそ30年にわたり 障害がありながら働く方々と共に多様な業務を展開しています。 グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。

業務内容は、入浴料の梱包作業をはじめ、一人ひとりの特性に合わせながら軽作業など、段階的に増やしていく予定です。 よこはま夢工房でのクッキー製造・販売をはじめ、スポーツ競技活動と就労の両立を支援するChallenged Athlete Support(障害者アスリート支援制度)を実施するなど、障害者の自立および成長を幅広く支援しています。 しかし、 仕事の成果は決して定量的な数値にだけ現れるのではないはずです。

9

いすみ市で、この一翼をパーソルサンクス株式会社様が担ってくれることに感謝申し上げす。 業務内容は、入浴料の梱包作業をはじめ、一人ひとりの特性に合わせながら軽作業など、段階的に増やしていく予定です。

6

また、「障害者就労の情報発信ステーション」として地域交流にも力を入れており、地域の福祉施設、支援機関との情報交換、地域イベントへの参加や特別支援学校、就労支援機関からの職場体験実習の受け入れ、実際の就労現場の見学などの機会も積極的に設けています。 なお、養蚕技術責任者には、富岡製糸場で蚕の生体展示を立ち上げた元地域おこし協力隊で養蚕家の佐藤祐一氏が着任します。

17

では、どうすれば雇用を生み出せるのか、考えを巡らせました。 」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。

7