竜田 揚げ と は。 斑鳩のグルメ「竜田揚げ」

今や、鶏だけでなく、地元産の食材を使い、さけ・くじら・鹿・たこなどのザンギがあります。

9

揚げた時に醤油の色が赤くなり、ところどころに片栗粉が白く浮かぶようすが、紅葉が流れる竜田川に見立てられたことから、その名がついたと言われます。 アジやサバなどの青魚でも唐揚げが作られることがありますが、白身魚の方が好まれている印象です。

かつては学校給食で鯨の竜田揚げが出されていた。

また、併せて唐揚げとレモンの関係、および唐揚げに似たご当地料理を紹介しました。 船員に対して「鶏肉に片栗粉をまぶして揚げた料理」を提供したところ評判が上がり、一般にも竜田揚げが広まっていったとする説です。 からりと揚がった衣に透けて見える醤油色 =紅い色 とその上に浮かぶ白い点模様を『竜田の錦』=『紅葉』に見立てて命名された風情ある日本料理の名前なのです」 北野さん ちなみに、竜田山は秋の女神「竜田姫」が司り、その袖を振って山々を染めていくことから、竜田揚げは秋にふさわしい料理だと北野さんは付け加えます。

5

2013年に日本唐揚協会は竜田揚げのルーツを調査したが、発祥地域、発祥時期、元は家庭料理なのか外食なのかすら分からなかった。 「竜田川の水面を真っ赤な紅葉が染め尽くし、美しい錦のくくり染め しぼり染めのこと の布のように見える風景を詠んだ歌です。 一般的に、竜田揚げは、みりんや醤油で下地を付けて、片栗粉をまぶした料理を指しています。

5

から揚げの定義は広範囲になるため、竜田揚げの作り方をしたものを「から揚げ」と呼んでも間違いではないが、醤油などのタレに漬け込まなかったり、粉に片栗粉を使っていないものを「竜田揚げ」と呼ぶことは間違いである。

15

しかし、なぜ竜田揚げは、食材をみりんや醤油などの調味料に漬け込むようになったのでしょうか?それは、食材の臭みを消すためです。 アジやサバなどの青魚でも唐揚げが作られることがありますが、白身魚の方が好まれている印象です。 から揚げは何で味を付けても自由だが、竜田揚げは醤油・みりんと片栗粉を使うのがルールである。

16

竜田揚げの揚げた後の色が赤褐色をしており、紅葉のように見えることから命名されたとする。 歴史 [ ] 発祥ははっきりしていない。

8