ラジエーションハウス 最終回 ネタバレ。 ラジエーションハウス最終回11話ネタバレあらすじ&感想 唯織は旅立つ!?

その様子を麗洋病院から嘱託で来ていた医師がたまたま目撃してしまう。 技師による治療行為を問題とすることを辻村先生に伝える。 ブラッドパッチを行ったこと、なぜ技師なのか、五十嵐にとって杏はどんな存在なのかを院長が聞くと、五十嵐は意を決して一気に 虫屎茶を飲み干し何も言わず院長室を出る。

8

髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。 きっと二人は約束を守ると思います。 もうどっちが助手だか分からなくなってきた。

4

<もう1人患者がいた> 小野寺技師長の息子の友達がうつ病のような症状があり息子に相談されていた小野寺。

20

『約束したんです。 針を刺していく杏。 そして辻村が 「麗洋医大はやっぱり五十嵐さんの医療行為を問題視してるらしい。

13

飲んだ・・・。 その言葉を聞いた渚は、 「彼は医師免許を持っています。

9

ボランティアでプロサッカーチームの契約ドクターをしている整形外科医の 辻村駿太郎は、原因不明の体調不良で休んでいるベテラン選手・ 上田恭平を見舞います。

12

その写真で、唯織は、正一は低髄液圧症だろうと判断します。 色々検査した結果、低髄液圧症候で間違いないらしい。

7

そこで働き、患者の病、怪我の根源を見つけ出す放射線のエキスパートたちの戦いを描く! 疑惑は病院の患者数減少を招き、五十嵐は自分のせいとして、病院を去る決意を固める。 全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。 」と言い、 「どうりで病気に詳しい訳です。

この状況に唯織は困惑。

11
ラジエーションハウス 最終話まとめ 今回はラジエーションハウス最終話のネタバレ感想をお届けしました 正一の手術が始まる
IVRでは負けない その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する