猫 避妊手術 失敗。 猫の避妊手術で失敗する可能性というのはどのくらいの確率であり得るので...

傷口が乾いていれば、治癒しつつあると思うので、 安心出来るんじゃないでしょうか? 実は、私の術後、傷口がちょこっとぐじゅぐじゅしてたので受診したら 火山の噴火みたいに膿や液体が出てなければ大丈夫と言われたので ネコちゃんの場合もそうかな~、と思い書き込みました。 尿管を傷つけてしまった これは大学で見た症例です。 ただ、 ホルモン剤は、発情抑制 効果はありますが、一度や二度 ならずホルモン剤を長期間使い 続けるというのは副作用の観点 からも 猫の体にとっては良くありません。

3

(はさみで切りました) 2重に撒いた外側の包帯は粘着包帯だったので、毛がしっかり張り付いていて、毛ごとはさみで切りはずしました。 しゃがんであちこちなら、マーキングではなく、病気の可能性があります。

3

気のせいでしょうか? 手術をして頂いた病院は野良猫保護に力を入れているところで、手術前も後も本当にこまやかで良心的な対応をして下さり、悪徳病院とは程遠いです。

10

色々な意見はあるとは思いますが、手技的な問題とは言いつつも、胸が深い犬種や、特に脂肪が多い犬の避妊手術では、どんなに気を付けていても起こりうる可能性があります。

11

次亜塩素酸水 マーキング防止スプレー きっちり消臭してから、模様替えをすると癖になったマーキングに対しては効果ありますよ。 あまりにも興奮している猫は、早々に退院のお願いをすることもありますが、突然そういった行動に出る猫もいるので、完全に防ぐことは残念ながらできません。 (時差の関係で今現地時間12時半) どなたか、避妊手術後に出血した猫ちゃんの経験をお持ちの方いらっしゃいますか? どうしてあげられたらいいのかアドバイスを頂けたら嬉しいです。

6

また飼い主様も、避妊手術とは言えども絶対ではないことを頭の片隅には入れていただければ幸いです。

2