海星 高校 甲子園。 速報・聖光学院

オランダ坂の洋館群や、グラバー園も徒歩圏内にあるこのホテルは、そのロケーションに相応しく、プチヨーロッパの雰囲気あるホテルである。 何となく気まずさを取り繕おうと投げかけた質問には、「いつも通りですね」。 大柄で、その表貌から、怪物サッシーの愛称で呼ばれた。

海星のサッシーがどこまで抑えられるかが、勝敗の決め手だった。 しかもその2回ともが同名の海星高校同士の対戦である。

4

そして2回目が84年第66回大会。 野球 巨人原監督2試合で25失点に「2度とあってはいけ… []• アルプススタンドで声をからす野球部員を取材していた僕の耳にも、アナウンスは届いた。 厳しい練習を終えた選手たちの夜の楽しみは入浴の時間だ。

7

目標はもちろん甲子園。 サッシーに託された、長崎県勢悲願の初優勝の夢も終わった。 冗談とは思えない、自然体で力の抜けた受け答え。

19

その統率力、リーダーシップは高校野球でも大いに求められる。 甲子園出て、良い感じに終われたら、って思ってます」 やる気に満ちたチームメートや周囲の学校と対照的な発言。

12

「フロンティアコース」は、 トップアスリートを目指す生徒向けに用意されたコースです。 準決勝進出で「サッシー旋風」 1976年の第58回大会では、11回目の出場で初めて準決勝までコマを進めた。 さらに付け加えると夏の甲子園における長崎県と神奈川県の対決は他に、83年第65回大会での佐世保工対横浜商があるが、なんとこれも2回戦。

18

そして2回目が84年第66回大会。 キャンパスは「宮 夏の甲子園に2011年から数回連続出場を果たしている 栃木県宇都宮にある作新学院高校野球部。

15