試算 表 と は。 【税理士が教えます】月次試算表とは。月次試算表の見方

これだけでも、「あれっ、なんでこんな金額になっているんだ。 確かに、どちらの試算表にも残高が記入されていますし、その数字に違いはありません。 1つ目は「合計残高試算表」、2つ目は「合計試算表」、3つ目は「残高試算表」です。

11

収支の 整合性が崩れた月次決算書は、会社経営に全く 役立たない。 逆に、業績が悪い会社ほど、月次決算書の仕上がりが遅く、ひと月遅れで仕上がってくる中小企業もザラにある。

20

一般に、試算表の残高は月末または会計期間の末日に作成されます。 もし推移表がなければ、作成してみたほうがいいです。 試算表の種類と使い方 試算表には「合計試算表」「残高試算表」「合計残高試算表」の3種類があります。

11

ただし、各勘定科目の残高がいくらなのかをすぐには把握できません。

主に月末や期末に作成され、計算にミスがないかを試すことから、「試算表」と呼ばれています。 残高試算表を作成する場合は、勘定科目ごとに貸方合計と借方合計の差額を算出して、貸方と借方のうち数字が大きかったほうの欄のみに数字を記入しましょう。 推移表はわかりやすい部分も多いので、 売上高や利益金額を見て、その後に月の大きな金額を確認する。

それでは日頃から自社の経営状況を数字で把握できていないといえます。