サンド ウェッジ。 サンドウェッジ、どう選ぶ? ロフトは? バウンスは? シャフトは? 押さえておきたいことまとめ【ゴルフギア基本の選び方】

左右均等にバランスが取れていないと、ミスショットの原因にもなりますので気をつけましょう! また、ボールの位置は両足の中央にセットするのがおすすめ。 それが 2010年から プロのトーナメントにおいては ロフトが 25度以上のクラブでは それまで許されていた Uグルーブの仕様のクラブの使用が禁止になり 上述の規定に加えて その角溝のエッジに丸みを持たせ、溝の容量を小さくしなければならなくなった。

この角度は適度に球が上がりやすく、ボールが着地してからも適度に転がってくれるような角度であるため、アプローチには最適な角度であると言われています。 サンドウェッジのバウンスといっても、みんな同じだけ、出っ張っているわけではなく、このバウンスにも実はクラブによって微妙な違いがあります。

重心を高めに設定することで上下のミスヒットに強く、安定した飛距離を出しやすくなっています。 サンドウェッジの入射角度が少し緩やかになり、適度なスピン量になるので、ピタッと止まるよりは、スルスルとピンに吸い寄せられます。 そこでGDOスタッフのクラブを使って検証してみました!今回はウェッジで検証です。

3

バウンスの大きさはバウンス角を見ればわかるのですが、このバウンス角が大きいものをハイバウンス、バウンス角が小さいものをローバウンスと言います。

しかし実際にはアプローチをしていく上で、他のウェッジも上手に使い分けていくことがスコアを伸ばしていくポイントになるんですね。 目次 1. 一方、ソールの出っ張りが大きいため、ソールが地面に当たって弾かれトップのミスが出やすくなることに注意が必要です。 6番アイアンなどのバウンスが少ないクラブは、クリーンにボールを打てるように設計されていますが、サンドウェッジは下を潜らせます。

6

下半身をしっかり安定させましょう。

17

とはいえ、ハイバウンスではどうしても打ちづらい状況もありましたね。