俺 ガイル クロス オーバー ss。 俺 ガイル クロス オーバー ss

ただ、ぼっちにとっての「新たな出会い」は世間一般のそれとは全く異なった意味合いを持つ。 さがみんだってそうだよ! 相模と遥だかゆっこだかのどちらかは文実で初対面なんだよ! 昔からの友達ってわけじゃないの! 体育祭で小さな、けれども確かに成長して、八幡とは他人という適当な距離感でいるようにしてる。

11

ただあるのは"死ぬまで働いてくれてありがとう"……何だよそれ。

16

27 ID:hLU5NYUb0 雪ノ下「あなた……狂ってるわ」 八幡「百も承知だよ」 雪ノ下「こんなもので得た新世界なんて間違ってる!」 八幡「どんなプロセスがあろうと、新世界は新世界だ」 八幡「武力行使での内戦の鎮圧は間違っているか?」 雪ノ下「内戦と今の世の中を同列に語らないでちょうだい」 八幡「同じだよ。

9

意識的にしろ無意識的にしろ、こいつら完全に俺の心を折りに来てる 結衣「…………あのさ、ヒッキー」 八幡「………由比ヶ浜」 三浦「結衣………ほら、隠れてな」 結衣「いや………こういうのは、やっぱりちゃんと目を見ないと、ダメだと思うから」 八幡 …………震えてる 八幡 七年近くたった今でも、まだこれだけ酷いのか……男性不信 結衣「あのね、ヒッキー」 結衣「ごめんなさいっ!」 八幡「はっ!?」 八幡「いや、お前が俺に謝られても困るというか……謝るべきなのはどちらかというと俺というか……」 結衣「あたしがしっかりしてたら、ヒッキーはこんなことになっちゃわなかったんでしょ?」 結衣「だったらそれはあたしの責任。 八幡「俺が元いたところにいたところにある女がいましてね」 八幡「彼女ならシーザーに後遺症を残してなんとか倒すなんてことはしなかったでしょうよ」 リサリサ「…………おーい」 八幡「でも、昔からヒーローにあこがれていなかったわけじゃない。 75 ID:0cNwdzKS0 八幡「よし、警察は全員撤退したな?」 八幡「わかった、お前らはアジトで次の準備だ」 雪ノ下「比企谷くんッ!」 八幡「あー……雪ノ下。

14

雪乃が手とり足とり、苦手だった数学をわかりやすく教えてくれたおかげだ。 」 いろは「先輩には色々助けてもらってたんです。 仕事は丁寧に教えてくれた。

7

」 ----- --- - いろは「ありがとうございます。 原作の主役はあまり登場しないはずなのに読み応えのある作品でした。

5