沖 ドキ 設置 期限。 「沖ドキ!」を撤去しないホールの言い分、その根拠とは?【全日遊連と警察庁/設置し続ける根拠/認定期限延長】

長くなるので前後を一部省略していますがかなり強い口調の文。 今日も何か新台の試験が行われているのだろうか? 「ゴージャグ2」は11月まで、「マイジャグ4」と「ゴージャグ」は12月までホールで打てることになりました。

ただ、今回ばかりはようやく組合も強い措置に出た気がします。

19

広島県以外は設置期限がずれることがあります。

9

『沖ドキ!』は全国的に 2020年5月~6月に撤去される(2020年末まで設置可能となりました) 2021年1月11日まで設置可能となりました• 6号機規制は知りたくもないくらい嫌な規制ですが、知っておいて損はないかもしれません。 今回はどうでしょうか?業界の足並みが揃わないのであればもっと厳しくするね、となる流れだと悲しいですね。 2号機でついに規制緩和か!?とすら噂が出たほどに現状の規制緩和は期待されていました。

9

が、今回の沖ドキ再設置を受けてその 規制緩和がさらに遠のくのではないか?という危惧をしています。 パチンコは大当り確率399分の1など、現在ホールに置いてない機種のみなので今回のさよなら予定日延長にさほど影響はありませんが、パチスロは人気どころの 「サラリーマン番長」や 「ゴッド凱旋」などが含まれています。 売上というのはつまり現金投資の事です。

19

それ以前に検定通過した機種で、認定を取得していなければ2020年12月31日が設置期限となります。 ではなぜ「1枚役を取る」のか。

9

未撤去パチンコ店は、中古機市場で購入した遊技機であれ、同一法人間のチェーン店間の移動であれ、中古機の移動設置が出来なくなる。 今こそ業界が一致団結し、先義後利の一念でこの難局を乗り切らねばなりません。

19

もう1つのペナルティとは新台購入時における制限。 イチユーザーとしてどちらのスタンスを取るべきなのか迷うまでもありませんね。

1BIGでMAX711枚取れる機種もありますよ 全日遊連が行う撤去スケジュールの自主規制が正しく遂行される事を前提として、警察庁に国家公安委員会規則を改正してもらったという経緯であろうと推察されているのです
設置店舗があったら・・・ 沖ドキ!ファンとしては少しでも長く打ちたいでしょうし、ホール側としても沖ドキ!のような人気機種は少しでも長く設置したい・・・そういった思いがあるのは間違いありません 昨年、新型コロナウィルス感染症による経済的影響により、2021年11月30日まで延長された「旧規則機の設置期限」ですが、パチンコ・パチスロ産業21世紀会は2021年5月7日に「旧規則機の取り扱いに関する21世紀会決議内容」を一部改定しました