アメリカ 内戦。 まるで内戦…トランプ派vs反警察派が衝突、極右派を「処刑」。この日何が起こったか(安部かすみ)

軍隊の動き、米国海軍の活動、戦闘機の追跡、そして軍とつながりがある私の情報源からの情報から、 米軍は 1 月に国内展開する可能性に準備が整っていることは明らかだ。

『機関銃の社会史』 平凡社、1993年• しかし、聖ヒルデガルトの預言では、致命的な欠陥があります。 北部に残った士官より南部に去った士官たちの方が、全体的に質が高かったと言われている。 6億ドルと10倍以上になったが、戦費はさらに多額であり、財政赤字は25. しかしこれは連合国への軍事対決を意味し、このときいまだ合衆国に残っていた奴隷州を強く刺激した。

18

(中略) (概要) 11月22日付け (中略) トランプはディープ・ステートに反撃を開始しました。 何故かデモが発生している街中に、たくさんのレンガが積まれているのだ。

4

南部民主党は、奴隷制反対を唱える共和党の大統領(リンカーン)が誕生したという事実を受け入れようとしませんでした。

人的資源の量では劣っていたが、多くの優秀な指揮官が合衆国軍を去って南部連合に合流した。 それは、、、 時期が明示されていない!と言う事です。

15

そんな、ジョン・タイターが語った未来の中に「アメリカ内戦」の話があったのを思い出した。 ハーディ大統領は首都を追われイエメン南部のアデンやサウジアラビアに退避。 民兵グループは、125団体が発見されており、すべてを合わせると、構成員の数は 7万3,000人近くとなる。

マンガ家の小林よしのり氏が、過去に「旧皇族をどこの馬の骨」と誹謗したことに対して 証拠付で嫌味っぽく反論しています。 こうした暴動は、年末には復讐のための暴動へと拡大する。