スベクヒャン 70 話。 帝王の娘 スベクヒャン 動画を無料視聴で韓国ドラマを見る情報サイト:KBS

一方、ソルランは、自分がクチョンを殺したと自覚していないチンムの態度に、疑問を抱き始める。 東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。 王宮から出て2人で会う姉妹。

14

娘のチェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。 ソルランは産着を見せながら、真実を知ったことをスベクヒャンに告げる。

クチョンは、刺客の黒幕がチンムだと気付くのだが…。 そして、この物語の根底を流れているのは「父」への渇望であるとも思います。 ポチっと応援よろしくお願いいたします. でも、そのおかげで百済は救われた。

4

まるで夢物語のように。 やっぱりドラマはハッピーエンドが好きです。

15

王女の関与がゼロに消え去ったわけではないものの、 これ以上の証拠がない以上、 サド1人の犯行ということで事態は収拾されました。

苦悩する王様が想像できます。 刺客はキムンの国王スニムンが送り込んだものだった。 韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」あらすじ72話(視聴率10. 個人的には、ミョンノンとはもう少しじっくり話せたら良かったのになぁ、と少し寂しい気持ちになりました。

父のクチョンと再開したソルラン。 ペク・カの屋敷跡でチェファの作った産着を掘り出しながら、チェファについて語るマックム。

17

>>> 王宮を出る準備を進めているミョンノンは、ソルランを連れて市場に必要なものを買いに行く。 そして、マックムという侍女がチェファのお世話をしていたことを知る。

8
それをふりほどき、あくまでも認めないチンム公 一方、口がきけないせいで侮辱されているクチョンのために、チェファは玉の運び屋の仕事を見つけてくる
一方、スベクヒャンは、自分の身代わりを務めた娘の特徴が姉のソルランに似ていると思い、不安を募らせるが… 余と歩むのは怖いだろう