ハルジオン 歌詞 ヨアソビ。 ハルジオン 歌詞 ヨアソビ

筆先が身体の一部となっていく。 * 太陽は真上にあった。 このあとがきは村上龍さんの小説『限りなく透明に近いブルー』に影響を受けたようです。

18

まだ花ひらくまえの、桜。

2

スナックで偶然出会った編集者さんと知り合ったことがデビューにつながった。 直してって頼んでも、かたくなに修理しなかった洗濯機。 会う頻度で、会話のちょっとした間で、わたしへの気持ち、その度合いを示す。

12

冬の厳しさを耐えぬいて咲いた、梅の花。 世界最後の日に二人は出会ってしまった。 あなたはいつだって、わたしの描いた画の最初の鑑賞者だった。

3

広くはないけど、白を基調としたシンプルな打ちっ放しの内装で清潔感のある空間。 「現実は」というのは彼と向き合わなかった自分。

13

今でも鮮明に思い出せる彼との思い出。 何度か電車を乗りついでやっと着いたのは、代沢にあるギャラリー。 そうしよう。

18

しかし自分がそのことを認めていない。 その壁三面が、四季折々の花の画で彩られている。

17