セージ 効能。 セージの効能や効果をご紹介|良好倶楽部

コミッションEでは喉の粘膜の炎症に対する外用での使用が承認されています。

12

セージ(薬用サルビア)は2. 経口摂取の副作用として、吐き気、嘔吐、腹痛、めまい、興奮、喘鳴等が報告されています。

大自然で育った天然ハーブを「聖なるハーブ」として儀式の場で大切に用いてきたのです。 ネイティブアメリカンの文化にも同じセージの使い方があり、セージを燃やして室内を浄化しようとする行為を「スマッジング」と呼ぶそうです。 ペーパータオルを軽く湿らせてからセージを包み、それをビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れます。

点数が高ければ高いほど信頼性が高く「相性の良い精油」だと客観的に判断できます。 うがい薬として使うと口臭予防にもなります。 殺菌効果で防腐剤にもなる - 食品の防腐剤にも利用 セージには、殺菌効果があり、天然の防腐剤として、食品の防腐剤に利用されています。

1

これはその当時 、鉄とセージは相容れないものだと考えられていたからだそうです。 肌への効能 消毒作用や収れん作用により、傷の治りを早め、開いた毛穴を引き締める効果が期待できます。 他には、服などの防虫・防腐剤だったり、香料を生成する際の成分として使われることがあります。

セージ独特のスッとする香りが苦手な方は、甘い香りを持つパイナップルセージなど別の品種も試してみてください。 14世紀のヨーロッパでは、お茶として一般的に広く飲まれていて、魔除けの儀式などにもセージを使っていました。

16