ヴィヴィアン リーチ コロナ。 コロナウィルスから人類への手紙

日本が今後どの方向に進むべきか、これから我々で議論していきたい。 そして、私は世界を一気にストップさせた。

7

争う事を止めてください。 終わりのない戦争。 ・・ あなたはただ自分が生き残れるか心配しているだけだ。

10

自分の出したことば 自分の出した思い 出すものっていっぱいあります ご飯たべれば出ます 洗濯すれば流します 自分の出したものたち それは心地よいものですか? それは環境にやさしいものですか? それは地球が喜ぶものですか?. あなたは、決して私たち人類を審判し、罰を与えるためにふるまっているのではないのです。

The things you would use to forget about the planet and its pain. べてるのメンバー一同より 向谷地生良 社会福祉法人浦河べてるの家理事、北海道医療大学教授、日本キリスト教団浦河教会信徒 1955年青森県十和田市生まれ。 そんなことを この手紙、いや 新型コロナウィルスは 私たち人類に伝えたい のではないでしょうか。 アメリカを見ていると、分裂がひどくなっている。

5

Feel free to copy and paste to share(自由にコピーしてシェアーしてください) 「コロナからの手紙」(和訳) 地球は囁きました、 でもあなたは耳を貸さなかった 地球は話しました、 でもあなたは聞かなかった 地球は叫びました、 でもあなたは耳を塞いだ そして、私は生まれました・・・ 私はあなたを罰するために 生まれたのではありません・・ 私はあなたの目を覚ますために 生まれたのです・・ 地球は助けを求めて叫びました・・・ 大洪水、 でもあなたは聞かなかった 燃え盛る火事、 でもあなたは聞かなかった 猛烈なハリケーン、 でもあなたは聞かなかった 恐ろしい竜巻、 でもあなたは聞かなかった 汚染した水により海の生き物が死んで行く 警鐘を鳴らして氷山は溶けて行く、 厳しい干ばつ、 そんな時、 あなたは地球の声を聞こうとはしなかった 地球が どれほど悲観的な危機にさらされていても あなたは聞こうとしなかった 終わりのない戦争 終わりのない貪欲さ あなたはただ、自分の生活を続けていた どれだけの憎しみがそこにあろうと 毎日何人が殺されようと 地球があなたに話そうとしていることを 心配するより 最新のiPhoneを持つことの方が大切だった でも今、私はここにいます そして、私は世界のその軌道を止めました ついにあなたに耳を傾けさせました 私はあなたに避難を余儀なくさせました 私はあなたに物質的な考えをやめさせました・・ 今、あなたは地球のようになっています あなたは 自分が生き残ることだけを考えています どう感じますか? 地球を燃やして・・ 私はあなたに熱を与えました 汚染された地球の空気・・ 私はあなたに呼吸への課題を与えました 地球が毎日弱って行くように、 私はあなたに弱さを与えました 私はあなたから快適さを取り除きました あなたの外出 あなたが以前は忘れていた地球とその痛み そして私は世界を止めました そして今・・・ 中国の空気はきれいになり・・ 工場は汚染を地球の空気に 吐き出さなくなり 空は澄み切った青色に ベニスの水は透明になり イルカを見ることができます。 病気になってホッとしたり、友達ができたり、貧乏なのに豊かさを実感し、過疎地で暮らすことに可能性を感じ、病気のおかげで昆布が売れるようになったのです。 ・・ 地球は助けを求めて叫んだ。

10

シェアさせていただきました。 浦河べてるの家からはじまった「当事者研究」と、研究から生まれた「臨床の知」を携えて、メンバーとともに国内はもとより海外を飛び回る毎日を過ごしている。

もう一度言う。 人は暇だから何かしなければと考える、人は暇だから何もする気が起きないと考える。

自然は教えてくれる。

17

病気の人に健康というのは、失礼だ。 読んでみると確かになーと反省することや 考えさせられることがたくさんありました。

1