法定 相続 情報 一覧 図。 法定相続情報一覧図の見本【法定相続人ごと】 | 法定相続情報証明制度とは

下のイラストをご覧ください。 登記所というのは、法務局の中にあり、 登記に関する事務を担当している部署のことです。 ・戸籍書類一式を集め、「法定相続情報一覧図」を作成し、法務局に申出を行うといった手続きが大変であれば、専門家などへ相談できる。

7

1-2.法定相続情報一覧図の書き方 法定相続情報一覧図には、被相続人の戸籍謄本から読み取った相続関係を記載します。

18

もし、代理人が「資格者代理人」の場合には、 代理人の住所として事務所の住所を記入します。

15

手続きに必要な範囲で複数枚交付を受けることができるため、必要枚数を記入します。

4

また、交付を受ける法定相続情報一覧図の写しの枚数や受け取り方法も申出書に記入します。 法定相続情報証明制度創設の背景 法定相続情報証明制度は、平成29年5月29日から全国の法務局(登記所)において始まった新しい制度です。

14

以下の決まりに従って作成しましょう。 法務局のホームページでは、 家族構成に応じた様式と記載例が公開されているので参考にしてください。 誰も残っていない戸籍を除籍といいます。

14
1.相続人(代理人)が必要書類を揃えて管轄法務局に申出をする 「法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書」とは、 法定相続情報証明制度を利用する際に、 法務局に必ず提出しなければならない書類の1つです
「相続関係説明図」は、「遺言者の出生から現在までの戸籍謄本」や「法定相続人の戸籍謄本」などの戸籍書類一式を用意して作成します そこでこの証明を代理人として取れる職業も法務省で指定されています