ブリック 中野。 原のコロナ休業日記 Vol.43 老舗バー「ブリック中野」営業再開ならず閉店

数千回は前を通っていた超老舗バー、『BRICK』。 これには後日談がありまして、この値段に気をよくしたこの日のメンバーのひとりが、一次会からこの店に行って力いっぱい飲み食いしたところ、ひとり5,000円ぐらいになっちゃったそうです。

11

これまた全部入れるとぴたりとグラスいっぱい。

6

ストレート、シングルで」。 正面のケンタッキーで左折し、センター街と並行する通りに入る。

15

僕の知らない老舗BARは、まだまだたくさんある(死ぬまでに全部行けるかなぁ?) JR新宿駅から中央線快速に乗ってわずか1駅。 こうやって、安くして、品数を多くして、客の回転をよくして成り立たせていくというのがチェーン店の考え方のようです。 もちろんホテルなどの隔離施設を用意して医療崩壊は防ぐ用意もする必要があります。

11

中野の店の方が先にオープンしたのかと思いきや、実は銀座の方が先で昭和26年の開業なのだとか(知らなかったなぁ…)。 このクラッカーに、マヨネーズたっぷりのイワシをのっけて食べるのですが、これが嘘のようにおいしいのです。

4

最後のときに、お店の壁に僕のボトルが入っていること、誇りに思います」「亡き父とも飲んだ思い出のお店でもあります。 お好みは1貫50円~300円で、2貫ずつ出される。

大繁盛。 席につくと、いつものように「角のハイボール」(たぶん280円)を注文します。

他にちらし、巻物、刺身、酢の物、焼き物など。 銀座などの、おねえさんが出てくるような酒場では、比較的大きなグラスで水割りが出てくることが多いのですが、ここブリックでのハイボール、水割り等は、シングルで注文すると小さいグラスで出てきます。 「このオリーブは、いつ食べるのがいいんでしょうねぇ」という問いかけに、マスターは「最初にパクッと食べちゃう人もいれば、おつまみのようにチビチビと食べてる人もいますねぇ。

15

2019年 9月11日、「」にインタビュー記事• ツイートを見た常連客のツイッターでは「老舗トリスバー・中野ブリック閉店の喪失感が半端ではない。 注文したときから「スペイン風オムレツは、ちょっとお時間をいただきますが、よろしいですか?」と確認してくれていたのでした。 このマティーニというカクテルは、有名過ぎるきらいはありますが、本当においしいカクテルだと思います。

16