ストラ ディック 5000。 20 ストラディックSW 5000PG インプレ

そこで、選ぶリールは巻き上げトルクを重視したパワーギヤタイプが今まで多く所有してきました。

15

ローターが6000番用??だからなのかもしれません。 19ストラディックc5000XGをカスタムしてみた 19ストラディックc5000XGに「 夢屋アルミリールスタンド」を付けてカスタムしました。 巻上長が「 101cm」もあると、手返よく釣りすることができるので非常に効率が良くなります。

18

ショアジギングや遠投カゴ釣り用のリールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。 鉄壁の防水性、Xプロテクト&Xシールド! 20ストラディックSW 5000PGの防水機能は、シマノのスピニングリールとしては最高性能を誇っています。 スプールは4000番と比べると グレードダウンですね。

1

この機構があるとないとでは大きな違いがあります。 そんな時に巻上長が少ないと、非常に疲れてしまいます。

19

かなりがっちりとした樹脂なので大丈夫だとは思いますが、このタイプは経年劣化が心配です。

13

ストラディックSWは11月で全ての機種が発売予定でしたが8000HGだけ遅れており今月12月発売予定となっております。 ハイギヤモデルなどは、キャスティングスタイルのショアジギングでは使い易いでしょうが、バーチカルジギングにおいては、ジグと水の抵抗を受けた分だけ巻き上げるだけのパワー トルク がリールないと、その分を人間にパワーが求められることになります。

5

遠投カゴ釣りで人気の両軸リール「Ambassadeur 6500CL 」は、巻上長65cmなのでその差は歴然ですね。 PEライン使用時の長時間のファイトには注意 20ストラディックSW 5000PGは、メーカー希望小売価格32,500円、実勢価格で25,000円前後と、ソルト専用の大型ルアーとしては屈指の高コスパモデルですが、唯一弱点があります。 ローターナット部へ追加出来ますが、ここでは本体の外部とします。

ベールにワンピースベールか否か等の違いがあります。 ちょうど良いサイズ感、価格帯であるストラディックSWが、スペックアップしてモデルチェンジすること、糸巻き量やギヤ比も自分好みであるため、現物も見ないで購入する事にしました。

12

ローターの自重は87. 6000XGと悩みましたが、6000番は10gほど重くて糸巻量が多くなる為、 LSJメインだとPE2号が300m巻ければいいと思い、サイズ的には5000番スプールがベストでした。

5
4-240、5-190、6-160• 今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします そのせいもあって、値段相応と言うところで、それなりでした
C5000XGのEVAノブは、キャップとOリングまで入れるとパーツで3000円です 遠投カゴ釣りに向いている理由は以下のとおりです