ゴースト ランド の 惨劇。 怖い、でも知りたい。 二度観たくなるトラウマ映画『ゴーストランドの惨劇』異様な場面写真解禁

9

しかし、人間は生きる上で、現実逃避をすることで生きられることもあるのではないでしょうか? 例えば、小説を読んだり映画鑑賞をしたり、食事やドライブなどを含む娯楽はそうですよね? 日頃の仕事のストレスなどから解放され、リフレッシュできたり。

18

混乱するベスはポリーンに助けを求めますが、ポリーンは「ヴェラの言うことは聞いてはいけない」と言い、家の外へ出て行ってしまいます。

20

体調が悪いと痛み出す親知らずのように、大人になっても過去の嫌な出来事に囚われている人には刺さると思う。 笑 この監督、すごすぎない? 物語がどの方向に進むのか、 ある程度進まないと全然わからない。 同じ体験をしているはずなのに、何故ヴェラだけ変わってしまったのでしょうか? そして、ヴェラが恐れる何者かの正体は? ここも、物語を解き明かす重要なポイントとなります。

3

終わらない悪夢を観客も追体験することになるだろう。 混乱するベスでしたが、突然どこかから「姉は遊びつくしたから、次はお前だ」という声が聞こえます。

16

こうした陰々鬱々とした時期だからこそ、あえて救いのない不快度数の高い作品を見るのも一興でしょう。 不快なトラウマ映画でありながら一度観れば二度観たくなるというトリックが仕掛けられているようで、この映画自体がもはや罠では……といった趣。 双子は美人ですが、妹の方はちょっと変わり者でホラー小説家を目指しています。

5

。 人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。 10代のベスに扮したエミリア・ジョーンズの熱演は特筆に値する。

2

一方で女性を失禁させたりと、あくまでも人格的な否定のシーンは多いので苦手な方は少し控えたほうがよさそうです。 パスカル・ロジェ監督は過去作、「マーターズ」で世界中に衝撃を与えたが、本作もそれに近いものを持っている。

8

大男の変態的行動に耐えていたベスは一瞬のスキをついて大男を殴り倒し、ヴェラを連れて逃げ出します。 これは幼い日に監禁虐待を受けた少女と、その後の彼女を支え続ける少女にもたらされる10数年後の地獄を描いたもので、その残虐シーンのオンパレードは世界中に賛否両論を巻き起こしました(その衝撃ゆえ、2015年にはアメリカでリメイクされています)。