米ぬか 多糖 体。 日本発の特許成分・RBS米ぬか多糖体による肝臓がんへの作用とは?

そして35日目になると60%以上も差が出ることがわかりました。 米ぬかを摂取しただけでは体内に上手く取り込めないヘミセルロースBを取り込めるようになります。

7

いろんな治療をした末に、医師から「もうこれ以上できることはありません」と言われ…。

研究結果を見たり肝臓がんと闘っている方の闘病記を読んでいくうちに、たくさんの魅力が見えてきました。 RBS米ぬか多糖体は、免疫細胞を活性化したり、アレルギーなどの過剰反応を起こす免疫細胞を抑えたりする、「免疫調整作用」をもつ米ぬか由来の物質です。

この分子の大きなRBS米ぬか多糖体と、分子の小さなRBS米ぬか多糖体が働くことで、体内の細胞が元気になり、人間が本来持っている免疫力を高めることができると考えられています。 RBS米ぬか多糖体が 免疫力をサポートすると言われる理由 RBS米ぬか多糖体には、血液の改善と免疫力アップの効果があるとされています。 免疫力強化• RBS米ぬか多糖体の摂取によって、NK細胞が活性化=がんを攻撃してくれる=腫瘍マーカーが減少するという、がん患者にとっては一番得たい効果が得られています。

18

多くの体験談の中でも、特に印象深かったものを紹介します。 RBS米ぬか多糖体の研究は国内にとどまらず、 海外とも共同研究を行なっているのが特徴です。

13

がんによるQOLの悪化で研究対象外となった53名を含めると、RBS米ぬか多糖体を投与されていないグループの生存率は17. 当時すでに、食物繊維が腸内環境の改善と免疫力の向上に有用なことは知れていた。

7

このように、単に免疫力を上げるだけではなく、免疫を調整することも大切なのがわかります。 私が高校に進学する頃には家族サービスはめっきり減って、休日には仕事仲間とゴルフ三昧。

15