キリン ビール ロゴ。 麒麟麦酒

- 純粋持株会社制に移行し、それまでの麒麟麦酒株式会社は「 株式会社」に社名変更。 また、麦芽100パーセントの生ビール「 キリンファインモルト」も発売。 缶製品が主流となり、瓶製品のリサイクルが向上したため製造が減少、1992年に子会社KYCに移管されてKYC富田工場となり、2002年8月で操業終了。

16

降板後はに交代。

16

スプリングバレーブルワリー• - 「ひろしまのみなさまに、ありがとう!」• 3月23日 - パブブルワリー「SPRING VALLEY BREWERY」で提供してきた、クラフトビール「SPRING VALLEY 豊潤<496>」の缶商品を今まで横浜工場を始め全国のキリンビール工場で製造し、全国のスーパー・コンビニ等で発売。 おまけ. なお、サントリーグループの場合は2014年(平成26年)10月に組織再編が行われ、製造部門のサントリー酒類(初代)のうち、ビール部門をサントリービールとして独立。 ビバレッジ「生茶」のCMにも出演中。

16

実はこのマークにはヒミツが隠されています。 1年間毎日新作を放送するドラマ仕立てのCMとして作・演出につかこうへい起用し、放映開始前から大々的にキャンペーンも行われたが実質わずか一日の放映となりお蔵入りした幻のCMである。 - 「キリンジュース」発売。

- 「やまぐちの恵みにかんぱい!」• 社からライセンスを受け、の生産・販売開始(これ以前はがライセンス契約をしていた。 2016年3月1日閲覧。

3

嘗てはキリンビバレッジも提供していた。 スポーツ・健康飲料• 発泡酒「 淡麗グリーンラベル」発売。 (系)- キリンビバレッジと共に提供、2008年3月28日の1時間スペシャルと第5期(2008年4月から2013年3月まで)。

そのほかグループ全体の歴史や各事業子会社の歴史は、などを参照。 - と資本業務提携を発表。 (澄みきり、ゼロハイ)• (北陸づくり)• かつて「キリン良質素材」のCMに出演していた。

6

(淡麗極上〈生〉)• また、かつて地ビールのラジオCMが地域ごとに流されていたこともあった。

13

(濃い味)• 18時台PT枠を経て、2017年4月より提クレ解禁。

5