目 が 良く なる 画像。 立体視トレーニング画像を集めてみた

このような3D立体映画を見たことのある方は理解できると思いますが、映画を見た後に目が非常に疲れなかったですか? これが3D映像の問題なのです。 画期的なこの手法にいち早く着目し、日本に広めている眼科医の平松類さんに話を伺った。

16

3Dアートをどれだけ 見ても目が疲れるだけ 深作秀春(ふかさく・ひではる) 1953年、神奈川県生まれ。 この距離感の違いで見ているものの凸凹や遠近などを知るのです。

2

ガボール・パッチ自体は視力回復のために開発されたものではありませんが、脳の視覚野に作用するのだそう。

15

画像を見ただけで目の病気が治るなら 眼科すら必要なくなってしまいますからね… 目の病気を治すことはできませんし そのまま放置しておけば、たいていの目の病気は 逆に悪化していくことになるでしょう。

14

立体視動画トレーニング いきなりおねーちゃんの画像で練習するよりこちらで見えるのを確認してから 下のトレーニングを行ってください。 できれば毎日行って欲しいのですが、忙しい人は週に3日でも効果はあります。

このため平面のスクリーンなのに、立体的な画像に見えてしまいます。 視覚で得た情報は、一度、脳で処理をされ、加工されています。 角度が少なければ遠方だし、角度が広ければ近くであると感じるのでこの原理を応用したものが3D立体映画とか3Dアートなのです。

1

また、かすれた文字や、ピントの合っていない写真でも、その情報を読み取るために、脳は補正を行います。

2

この微妙に違う右に見える画像と左に見える画像を、特殊なメガネをかけさせて見せるのです。

7