ポケモン 努力 値 調整。 初代における努力値振り

ピタゴーラ!です! 突然だが皆さんは11n調整というものをご存知だろうか? ある程度知識のある人ならこう答えるだろう。 攻撃には性格補正をかけているため、攻撃に努力値を振るべきです。 確かに、ぶっぱ調整から他の箇所に努力値を回すと元々の火力・素早さ・耐久を削ることになるのですが、基本的に努力値調整をする時はその点を十分に理解した上で進めるものです。

13

すなわち、上のダメージ計算式で「相手のレベル」「技の威力」「相手の攻撃 特攻 実値」を定数と考えます。

6

H以外の一番能力値の高いところを1. では、本当に特攻に努力値は必要なのでしょうか。

11

能力変化の割合は上昇が 1. 例えば調整で108振りが必要なときに、126. このようにすれば、残りの努力値を他の能力に回すことができるためオトクです。

17

選択をしないと、性格も総合耐久が最大になるように自動的に判断します。

まずHPを実数値201調整することによってみがわりの効果を最大限活かすことができます。 では、素早さ種族値70のマンタインが特性「すいすい」発動時、これを抜くにはどうすればよいのでしょうか。

12

素早さは1の差が大きい為、S調整は重要な要素の1つとされる。 そのため最大 HP を 8n-1 の値に調整しておけばそれらによって減少する HP を低く抑えることができるようになります。

20

「理論的に一番硬いから強い」というわけではないということを認識して欲しいです。

7
また、HPの種族値があまりにも高いポケモンの場合 ハピナス、ホエルオーなど は、HPには振らずに防御・特防に分けて振った方が両方とも堅くなることもあります アタッカーの確定数 アタッカーにとって、攻撃や特攻といった能力に努力値を振ることは重要です
このように、 過剰火力・過剰耐久が無駄になるのはごく限られた理想的な場面のみなので、完全に無駄と決め撃ってしまうのは早計と言えるでしょう 「+」が上昇、「-」が下降です