足利 火災。 県内外から応援続々 足利の山林火災 指揮機能集約、一丸で消火活動|社会,県内主要,事件事故,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

地上部隊による残火処理(火点探索等)を実施• 経過 [ ]• 仮に火の不始末が原因で山火事が発生し、材木となる木や自生している植物(特にタケノコ、マツタケなど商品価値の高いもの)、野生動物などに被害が及んだ場合、山林の所有者は出火原因をつくった人物に損害賠償請求をすることは可能ですか。 付近で自然発火の可能性は考えにくく、原因を推定したという。 宮崎さん「他人の山林に放火した場合は森林法202条1項により、刑事責任を負います。

15

足利市 4台8名• 足利警察署・警察本部 20台66名 入山規制、林野火災に伴う付近警戒• 今後の対応• 地上部隊• 賠償額については材木の価値、マツタケなどの価値が賠償額の基準となると思います。 裁判例では、枯れ草の焼却をしようとしたところ、強風に煽られ、付近の山林に延焼出火してしまったことについて、この法律が適用され有罪とされたものがあります」(古橋弁護士) ポイントは「注意義務違反」の有無。

足利警察署 12台35名• 宮崎さん「山火事の原因については、消防などによって行われる『火災原因調査』によって特定されます。 出火原因について、足利市の和泉聡市長は2月24日、「山頂より少し南のハイカーの休憩場所が出火元かと推測している」と語った。 この『重過失』というのは、通常要求される程度の注意をしなくても極めて容易に結果を予見できたにもかかわらず、これを漫然と見過ごしたような場合を意味します。

2

三重小学校 0世帯0名• 足利山火事の原因は『たき火・タバコ』? 今回の山火事の原因は 『たき火・タバコ』と予想されているようです。 山焼きを行うにあたり、草木などが燃焼した場所やその周辺に十分放水を行い、残り火を完全に消火したことを確認して、森林火災を未然に防止すべき注意義務があったにもかかわらず、これを怠ったとして有罪となりました」 オトナンサー編集部. 住民への周知は、職員が地域を巡回。 足利消防と栃木県航空隊による残火処理を継続• 地上部隊 足利消防・消防団 7台 17名• 山焼きに際し、『同地方は数十日来の晴天続きで、付近の山野の草木や地面の可燃物が著しく乾燥』しており、『山焼きの火やその残り火が風で飛散し、その飛び火によって森林火災を起こす恐れがあった』とされています。

1

法定刑は50万円以下の罰金と規定されています。

3

自衛隊、栃木県航空隊、宮城県、茨城県、埼玉県、福島県、東京消防庁、横浜市消防局ヘリコプターによる偵察活動及び散水活動• 現場指揮本部 2月21日~ 本経寺に設置 2月25日~ さいこうふれあいセンターに移行 3月4日~ 足利市消防本部に移行• 地上部隊• 午後5時38分まで散水を実施予定• 仮に山火事の出火原因に関与する人物がいた場合、どのような法的責任が考えられるのでしょうか。 統括指揮支援隊 など 上空 [ ] 自衛隊の消火ヘリコプターのほか、宮城県、栃木県、埼玉県、茨城県、山梨県、富山県、東京消防庁と横浜市消防局の防災ヘリが消火活動を実施。 鎮圧後は主に市消防本部と消防団とが地上で、残り火を確実に消す残火処理を続けていた。

13