レスポンス 意味。 「レスポンス」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

例えば、部下に対して上長が、「誰からの電話に対して『リアクション』しておいて」というように指示するときがあります。 早い反応・返答は、レスポンスを求めている相手にも、仕事が早いという印象を与えます。

14

もし検討する時間が必要な場合は「少し時間が欲しい」と答えるでしょうが、その返事も思いのほか早く届きます。 「レスポンス」が早いと、必然的に仕事の効率を上がり、無駄な時間を省くことができます。 社会人になると、取引先とのやりとりや申請書などの回答など、あらゆるシーンで「レスポンス」というプロセスが必要になってきます。

14

ニュアンスなどから判断して応答するよう心掛けましょう。

あるいは、返信を趣旨として投稿・送信されたメッセージそのものを指すこともあります。

8

「レスポンス」は、パソコンの処理のスピードにも使用します。 ひとつひとつの意味・使い方をセットで覚えておきましょう。 「レスポンスが早い」ことで得られるメリットを心得て、時間の無駄なく、効率よく仕事をこなしていきましょう。

1

「正しい答えができない」「少し調べれば分かる」というときは、その旨をレスポンスしましょう。

16

ここでは、レスポンスの意味や使い方を紹介します。 「リアクション」の対義語 「アクション」の意味は「行動」 「リアクション」の対義語は、「行動」「活動」という意味を持つ「アクション」です。

8

この「レス」も「レスポンス」を略した言葉です。

4

「レスポンス」の意味とは?使い方や例文 「レスポンス」という言葉は、ビジネスシーン以外でもよく耳にされますが、正しい意味についてまだよくわかっていないという人も多いでしょう。

2
逆に電子制御スロットルのなかには、アクセルワークに比例して、スロットルが開かなかったり、アクセルを全閉にしても、スロットルの戻りが鈍いプログラムになっているものもあり、レスポンスという点ではイマイチなものも…… 今回の事例であれば、Aさんはその場で「各チームに伝達する
「レスポンス」の類義語とは? 「レスポンス」の類義語としては、次のようなものがあります ビジネスシーンで判断能力にたけている人は、その分仕事も早いですし、数を熟すことができます