バズ る っ て どういう 意味。 ネット用語「バズる」の意味とその由来を解説!「バズった」とはどういう意味?

先にもあげました、buzztter(バズッター)というサイトがあることも、この「バズる」という言葉が流行するに至った由来の一つと言えます。 また、その情報が プラスの意味合いをもつ場合にのみ「バズる」と表現します。 文字を通して人の心を掴むことができなくては、話題性に欠ける記事となるわけです。

なるほど。

7

言葉としても、実用品としても日常的によく使われている「ブザー」。 「バズる」の語源はハチ バズ(Buzz)という英単語を語源として生まれたのが、「バズる」という言葉です。 「短期間で爆発的に話題が広がり、多くの人の耳目や注目を集め、巷を席巻すること」 といった意味で用いられる言い回し。

12

企画をつくった本人は、その企画に愛着があります。

18

たしかに「buzztter(バズッター)」と「バズった」は発音も似ていますし、ありえる話かもしれません。 このサイトで話題のキーワードとして取り上げられることが「バズる」の語源だという人もネット上には見受けられます。 このシンプルな問いに対峙し、徹底的に突き詰めれば、意外と誰が合否を出してもそれほどずれはなかったりします。

しかし、SNS上ではどちらかというとバズる、つまり「話題になるのは良い事」というニュアンスで使われています。

無料アプリランキング1位のあのアプリ、バズってるよ!• ウィンタースポーツの時期を中心に大きく話題を集めました。

6

しかし、心配することはありません。 ネット上で特定の単語や話題が爆発的に広まっている状態を「バズる」という。 これを「 SNSに投下したコンテンツが話題を集める様子」と解釈されるようになり、「バズる」という言葉が生まれました。

12

コンテンツを投げこんで、すごく反響を与えながら、ひろがってくことになるかなって。 バズ・マーケティングの具体例とし傑作なのは、Google Japanが2019年のエイプリルフール企画として打ち立てたキャンペーンがありました。