Cocoa 不具合。 COCOA、Androidで接触通知しない不具合を解消。1日1回起動を

A41ユーザーに対しては、「1. 厚労省は「国民に広く安心して本アプリをご利用いただけるよう、利用者からの意見などを踏まえ、引き続き、アプリの機能・デザインの改善を行っていく」としている。 4」を配布 2020年9月28日 Android版バージョン「1. 平井氏は会見で、COCOAを所管すると、平井氏のもとの内閣官房IT総合戦略室で連携チームを近く発足させ、今後の運営にあたると説明。

19

厚労省はHER-SYSで確保した予算9億4000万円(2020年度第1次補正予算時点)の一部を振り分ける形で、COCOAの開発をパーソルP&Tに発注した。 2500万人ぐらいの人がダウンロードしている」と語り「仕切り直してやるのか、使わなくてよいのか、曖昧で厚生労働省が謝るだけ謝って、この次どうしますか?という言及がなかったのは残念」とも語っていた。

20

接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省が検証結果を公表した。 厚労省がCOCOA開発を発注した2020年5月当時、HER-SYSプロジェクトのために元請けベンダーとなったパーソルP&Tにとって降って湧いた接触確認アプリの開発は単独で請け負えるものではなかった。 アンドロイド版のCOCOAに、新型コロナの陽性登録をしたアプリ利用者と接触したにもかかわらず、検知しないという不具合があることが分かったのです。

7

間違えたら、早く修正すればいい。

20

Android利用者にも速やかなバージョンアップを要請。 大きな不具合の修正のため、速やかにバージョンアップを行なうよう呼びかけている。

10

「昨年9月28日にCOCOAのバージョンアップをした。

15
平井卓也デジタル改革大臣は接触確認アプリ「COCOA」の開発会社について、新たに公募した上で現在の多重下請け構造を解消したい考えを示した 開発のノウハウもない中で、対応しなければいけないのは結構大変なことだ
古市氏は「日本で使える武器はCOCOAしかないと思っていて」と切り出し、アプリも「完成版を急に出すのではなく、改善版でバグを直しながらでいいと思うが、9月から4カ月も使えていないことに今気づくっていうのが…」とあ然の表情 だが「じゃあ、このアプリが全く役に立たないかというと、そうではない