将棋 対局 予定。 藤井聡太二冠の対局スケジュール(2021年最新)

・本日行われている の評価値速報 50手目まで を更新。 ・5月19日から行われている の評価値速報 86手目まで を更新。

11

高齢棋士・遅咲き棋士・引退直前の棋士の健闘• トーナメント表に記載されている段位・タイトルは収録当時のもので、収録後に昇段・タイトル獲得・タイトル陥落があった場合は字幕でフォローされる。 • 決勝戦のラジオ放送を実施。 3回戦で羽生が大山を下した直後、当時司会を務めていた永井は「あーすごいですね、いやーたいしたもんですねー、8割1分8厘からまた上がりましたよ」と驚嘆していた。

13

• ・本日行われている の評価値速報 82手目まで を更新。

• 「叡王戦」予選は、ニコニコ生放送で配信される対局日のみを掲載いたします。 • 準優勝のインタビューでは、村山らしく笑顔で「優勝したはずだったんですが」とおどけてみせた。

19

予選制を導入した第31回から第70回まですべて本戦シードにより出場していたが、2020年度の順位戦B級2組降級と他のシード対象にならなかったため、2021年度の第71回にて予選会「41年目で"初出場"」となり、予選でに敗れて連続本戦出場がストップした。 8人制。 • ただし、奨励会員が新人王戦参加中に四段に昇段して棋士となって優勝した場合は本戦シード対象となる(第38回本戦初出場の森内俊之と第57回本戦初出場の)。

8

• このときも前述の渡辺竜王との対戦時同様時間が余ったが、臨時の番組が挿入されることなく番組終了まで感想戦が放送された。 女流タイトル保持者(複数の場合は出場女流棋士決定戦が行われる)• 中井は翌54回(2004年度)にも出場し、1回戦で六段に勝利した(2回戦でに敗れた)。

• ・5月19日から行われている の評価値速報 85手目まで を更新 • (日次更新)• ・本日行われている の評価値速報 24手目まで を更新
・本日行われている の評価値速報 29手目まで を更新 脚注 [ ]• ・5月19日から行われている の評価値速報 42手目まで を更新