首 にしこり が ある。 首のあたりに昔からある動くしこりのようなもの

早めに受診し、医師に相談しょう。 内科の指示によって自部化や整形外科での治療をする事もあるので、首のしこりができた時はまずは内科へ行って様子を診るのが一般的です。 脊髄にも圧迫が生じた場合は、上肢や下肢の広い範囲がしびれるようになり、足がつっぱってつまづきやすい、階段を下りる時に手すりが必要、尿が出にくいなどの症状があらわれます。

5

特に初期の場合は症状が非常に小さいために、自覚症状はほぼないといってよいでしょう。

10

しかし、大きさが変わらない場合や硬さが気になる時には自己判断をせずに、一度医師の診察を受けることをお勧めします。

そのため、リンパの流れが集まるリンパ節への転移は非常に起こりやすくなります。 一部ではストレスが原因ではないかなどと言われていますが、憶測の範疇を出ません。

読んでくれてありがとうございます。

19

炎症の原因としては細菌などによる感染が多いのが特徴です。 首への不調でお悩みならお気軽にご相談ください。 しかし、腫瘍の多くは中高年の患者さんが多いことが分かっており、加齢とともに注意すべき病気であると思います。

首の嚢胞の一部は先天的なもので、胎児期より存在しているものもあります。

15