十二指腸 潰瘍 症状。 十二指腸潰瘍とは?症状と治療について

十二指腸は胃と小腸をつないでおり、腹部の右上あたりに位置しています。 では、潰瘍はどのようにできるのかについても触れておきます。 治療に関しては、まずできるだけ早期に内視鏡検査を行い、出血の有無、悪性疾患の有無を判定します。

8

こんにちは、さらくりです。

7

この腹痛のほかに発熱や吐き気、呼吸障害などの症状が出てくるのです。 しかし、何らかの理由でこのバランスが崩れると十二指腸の粘膜が胃酸で傷つき、十二指腸潰瘍になってしまいます。

18

嘔吐物がコーヒーのような茶色(吐血)であることや、茶色もしくは黒色のタール状の便(下血)がでることもあります。 私の場合は、十二指腸潰瘍になるべくしてなったという感じですね 笑 十二指腸潰瘍は、昔は男性がなりやすい病気だったようですが、現在は、老若男女問わずなるようです。 腹部上部の痛み• 発症の原因の一つにヘリコバクター・ピロリ菌の感染があることが分かっています。

2

出血を認める場合には、内視鏡的に止血術を行います。

16

十二指腸潰瘍での下痢は胃酸過多症によって起こる下痢がほとんどです。 十二指腸潰瘍とは? 胃酸で胃の粘膜が傷つく病気 人間の体の胃や十二指腸の粘膜には、強い酸性の胃酸や消化酵素を含む胃液にさらされているため、胃液によって粘膜が傷つかないようにするための仕組みを持っています。 今回のこの記事が十二指腸潰瘍の参考として皆様のお役に立てるものになれば幸いに思います。

3

背中の痛みも十二指腸潰瘍と 胃潰瘍では場所が少し違って いるので詳しくはコチラの記事に 書いてあります。 吐き気、不快感• 非ステロイド性抗炎症薬 炎症を抑えたり解熱・鎮痛に用いられたりする 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)により、十二指腸潰瘍が引き起こされることがあります。 食事は香辛料やアルコール飲料などの刺激物は避け、1日3回規則正しく食事を摂り、長時間の空腹を避けましょう。

2